« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月 7日 (金)

また逆転負け (ルヴァンカップ 対浦和戦)

20161007

審判が壁作ってる(笑)。

* この日は、ゴール横追加副審の最初の試行となる試合でした。



いやそれにしても、試合終盤の失点が多すぎる。「負けたけど、先制点は取ったし、選手はよく頑張った」じゃなくて「ああ、またか...」という失望感の方がが大きくてたまらない。

一番顕著だったのは、後ろからのフィード精度、プレスをかけられたときのかわし方、トラップの技術、視野の広さなど、東京は個のレベルで浦和に完全に負けていたということ。

それは選手個人のポテンシャルの差ではなく、戦術の浸透度の差なのだろう。この試合を見ていて、戦術というのは選手を縛るものではなく、個の能力を活かすものだと強く感じたわけで。チームが良い戦術に従って動けば、時間やスペースが出来、ボールを出す側も受ける側も個の力を発揮する余裕が生まれるということだ。ペトロビッチ体制5年目ともなれば、代行監督や代表で主力がいない程度での影響は見えなかった。

一方東京は、高い位置からボールを奪いに行くものの、奪ったあとの攻撃は中島の個人能力頼み。そしてハイプレスはどうしても、後半足が止まる原因になってしまう。篠田さんはできる範囲で上手くやっていると思うが、浦和との差を埋めるのは無理だった。そもそもこれは、シーズンオフが短いのにわざわざ監督を代えたツケなので、監督を責めるつもりはない。

第2戦の結果は期待しないので、大幅に先発を入れ替えて、水沼やユ・インスやナオに出場機会を与えてやってくれるといいな。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »