« キャリー・フィッシャー死去 | トップページ | 凶 »

2016年12月30日 (金)

今シーズンのFC東京

最初に結論を書こう。まったくもって「無駄な1年」だった。

今にして思えば、2015年の頭に伏線は張られていた。

その年の春、NHKの「探検バクモン」という番組でFC東京が取り上げられた。出演したのは森重、武藤、太田に加えて、その年社長に就任した大金直樹氏。

この番組で違和感を覚えたのは、「FC東京は、パスでつないで相手を崩すサッカーを志向している」と主張していたこと。そして「こんなカウンターサッカーは望まない」と言わんばかりに映像が引用されたのが、なんと鹿島アントラーズ。

年間優勝争いに絡んだことすらないクラブが、リーグ最多優勝回数の鹿島に対してずいぶん失礼な態度を取ったというのもあるが、何よりマッシモ・フィッカデンティの戦術と完全に食い違っていた点に違和感を感じたのだ。フィッカデンティは結果が最優先だったわけで、その点では鹿島と同じ志向だったはず。つまりすでにこの時点で、社長はフィッカデンティとの契約更新は考えてなかったのだろう。

2015年リーグ戦最終戦前に監督交代がほぼ明らかになり、その後の結果は皆さんご存じの通り。移籍加入選手は誰一人活躍できず、観客動員も激減。選手個人では橋本と中島の成長が見られたが、後者のほとんどは手倉森さんのおかげでしょ。

(ただ城福さんも、もっともっと開き直った戦術にしてほしかったとは思う。フロントの意向を尊重しすぎだったよ。)

篠田監督は、限られた時間の中で十分な結果を出したと思う。シーズン途中から細かい戦術を浸透させるのは無理。ならばとシンプルなハイプレス守備と、中島の個人技頼みの攻撃は、ある意味合理的な選択だったと思う。

ただし、来年はそれでは通用しないだろう。天皇杯準々決勝の記事で監督に苦言を呈したのは、川崎対策をまったく準備してなかったためだ。6週間いったい何してたの、と戦術面での不安が高まったわけだ。もっとも、この試合は平山らの送別会であり勝負は度外視、負けて選手が早く休養に入るのも悪くない、と考えたのかもしれないが(そんなこと公言するはずないけど)。

そして何よりフロント。今年は名古屋がああなったせいで東京は注目を浴びなかったけど、質の低さではトップクラスだと思う。青赤通信の社長コラム読んでて何度腹立ったことか。広島、柏、ガンバと違って、J2降格体験が何の足しにもなっていない。もう東京ガスからの出向人事はやめにしようや。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« キャリー・フィッシャー死去 | トップページ | 凶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/64697162

この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズンのFC東京:

« キャリー・フィッシャー死去 | トップページ | 凶 »