« 迷惑電話 | トップページ | 来季が不安になる敗戦 (天皇杯準々決勝 対川崎戦) »

2016年12月15日 (木)

来年のJリーグ中継

ようやく公式リリースが出た。

2017シーズンからのリーグ戦試合中継について

また、Jリーグのプレスリリースにはないが(なんで無いんだろう......)、NHKとの契約を更新したとの記事も流れた。

Jリーグの観客数が2008年以降頭打ちになったのは、スカパー!が地上波、NHKなどのBSを含めた優先放送権を握り、結果的に一般層への露出が低下したことが原因だと思っているので、今回契約を更改しなかったのは一応評価する。

2007年以前はNHKで各節3-4試合、またFC東京の試合はホームアウェイどちらもほぼ全試合MXで中継されていたので、その状態に戻るのならば特に問題はない。

ただ、J2サポで地元在住の人ならともかく、東京在住の地方出身者にとってはDAZNしか選択肢がないだろうなあ...。J3サポにとっては、今までごく限られた試合しか中継が無かったので、むしろ朗報かと思う。


個人的にはDAZNと契約する気は全くない。スマホやタブレットのような小さい画面でサッカーを見たいとは思わないし、そもそも持っていない。ストリーミング映像をTVにつなぐ機器はあるそうだが(Apple TVみたいのかね?)、買う気もない。というか、そういったハードウェア的なことが第一理由ではない。

ストリーミングでチャプター打ちとか、コマ送りとか、スロー再生ってできないでしょ。それが最大の理由。少なくともスカパー!オンデマンドではできないので、そう思う次第だ。HDDレコーダーに録画済みの映像や、試合中でも追っかけ再生でコマ送りしながら「これってオンサイドだろ!」「シミュレーションじゃないの?」なんて楽しめなくなるじゃないか。

もう一つの重要な理由は、過去の試合をいつまで見られるのかってことだ。今は録画してブルーレイに焼いておけば10年経っても高画質でみられるが、DAZNってどの程度さかのぼれるんだろう。こればかりは会員にならないと分からないが。

つまり録画できないってことは、とても影響が大きいのだ。まあ、時代の流れなんでしょうけど。



懸念しているのは、DAZNとJリーグの契約年数が「10年」とバカに長いこと。これはDAZNの側に立つと結構リスクが大きい契約だ。おそらく、違約金を払えば一方的に解除できる契約になっているんだと思う。外資はこの点では判断早いよ。契約数が伸びなければ1-2年で解約されることもあり得ると思う。

最後に。平ちゃんの今日イチがなくなるのは悲しいなあ。Jリーグタイムに平ちゃんと寺田ちひろが移籍してくんないかな。




↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 迷惑電話 | トップページ | 来季が不安になる敗戦 (天皇杯準々決勝 対川崎戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/64628775

この記事へのトラックバック一覧です: 来年のJリーグ中継:

« 迷惑電話 | トップページ | 来季が不安になる敗戦 (天皇杯準々決勝 対川崎戦) »