« ぼくも牛タン大好きです (ルヴァン杯第1節 対仙台戦) | トップページ | 「榮じ」千歳烏山 »

2017年3月20日 (月)

A Night To Remember (J1第4節 対川崎戦)

いやあ、実に濃い試合でした。キックオフ前から両ゴール裏も共に盛り上げ感満々で、まず「スタジアムへ行こう」に合わせてスマホでレスポンス。

2017031901


選手入場時にはコレオグラフィーで応酬。

2017031902


そして選手も、キックオフ競演で応える。

2017031903


.......って、3つ目は何なんだよ。飯田主審なにやってんだか。ある意味、これは伏線だったかも。

試合展開は第2節大宮戦とほぼ同じ。東京は前からプレスを掛けに行くが、やはり川崎のパス回しの方が上で、取り切ってショートカウンターとまではならない。川崎は中央で上手くボールを回し、東京の選手が寄せてきたところでサイドにはたく。東京がサイドの守りに重心を移しかけた瞬間に、川崎はワンタッチで中央に戻して守備バランスを崩しに来るといういつもの展開。憲剛と大島とエドゥアルド・ネットの3人は、川崎の相当な強みだ。

ただし不思議だったのは、小林を1トップではなく右サイドに置いたこと。宏介との同級生対決はそれはそれで感慨深かったが、あれは宏介を上がらせないための戦術だったのか。実際、前半の宏介は攻撃にほとんど絡めなかった。

2017031904


東京の選手個人でいくと、この日の永井と橋本は良くなかった。永井は、彼にしては足が遅かったし、足元も不安定でパスやトラップがぶれまくる。スプリントなら、登里の方がよっぽど速かったな(あのカウンターをを決められてたら、試合結果は全く違っていただろう)。橋本は気持ちが空回りしていたのか荒っぽいプレーばかりで、見ているこっちが冷や冷や。荒さは後半に警告を受けてからも変わらず、正直言って退場にならないのが不思議だった。従って永井、橋本の順に交代させたのは、まったくもって妥当な采配。

2017031905


後半になると徐々に様子が変わる。週途中の試合で主力ほとんどが休んだ東京と、アウェイの長い芝で荒れたピッチで主力がプレーした川崎。やはり体力的なハンディが川崎にあったか、東京が前でボールを奪って押し込む回数が増え、明らかに東京ペースの試合になっていった。阿部の絶妙な動き出しが生んだ1点目は、決して意外なものではなかったのだ。

個人的には2点目アシストの宏介のプレーが感動的だった。一瞬の緩急で、相手を半歩抜き去って上げた絶妙な高速クロス。そして勝利に花を添えたのが、ウタカとの華麗なワンツーで抜け出した嘉人の東京初ゴール。相手GKをかわす技術といい、この注目度の高い試合でゴールするなんて、さすが大久保嘉人。

2017031906


3-0の勝利だが、決して完勝ではない。完勝というのは、相手のやりたいサッカーを全くやらせなかった時に使うべき言葉だと思う。でも、これが篠田監督の計画通りの試合展開というのなら、その見方はあながち間違いではないような気もする。帰り道、今年1年、こういう試合を見続けるのだろうという予感が自分の中に沸いてきた。それは、都会らしい洗練さはなくて泥臭いんだけど、勝つ集団「FC東京」が生まれるシーズンになるのかもしれないという思いと共に。いやもちろん、その期待を裏切られることが多いのもサッカーだ。自分が帰り道に感じていたのは、サッカーを見る喜びの現れ方の一つなんだろうな。

2017031907



最後に小ネタを一つ。電車で飛田給に向かってるときの車内アナウンス。普通は「本日、味の素スタジアムでJリーグの試合が開催されますので、飛田給に臨時停車いたします」と流れるのだが、この日は「本日、味の素スタジアムでJリーグ『多摩川クラシコ』が開催されますので...」と言ってくれたんだよ。京王電鉄グッジョブ!!


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« ぼくも牛タン大好きです (ルヴァン杯第1節 対仙台戦) | トップページ | 「榮じ」千歳烏山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/65037251

この記事へのトラックバック一覧です: A Night To Remember (J1第4節 対川崎戦):

« ぼくも牛タン大好きです (ルヴァン杯第1節 対仙台戦) | トップページ | 「榮じ」千歳烏山 »