« 「榮じ」千歳烏山 | トップページ | 「東京エガオ食堂」調布 »

2017年4月 2日 (日)

キーパー厄日(J1第5節 対鳥栖戦)

2017040201a

このエントリーのタイトルにはもう一つ案があって、それは「守備固め失敗合戦」。両チームとも逃げ切りを図って行った選手交代が、結果的には完全に裏目に出た。

序盤は鳥栖の強度なプレスに東京が混乱する場面が続出。ふり返ってみれば、この間の日本対タイの試合のような展開。相手はもっと引いて来ると思ったのだが、トップ下の鎌田、なぜか低いサイドハーフの小野、そして何より豊田のプレッシングはすさまじかった。PKを与えた場面は、混乱の隙をイバルボにまんまと突かれた格好。

東京は永井に何回かボールを送るものの裏に抜け出すことは出来ず、彼の足元にボールが収まることもないので起点にもならない。永井は起点になれるタイプでもないしね。なので後半頭から東を入れたのは納得できる交代だった。ただ東が起点になり流れを変えたかというと、それほどの印象もなし。東と目の前のゴールとの間には相手GKしかいない状況なのに、シュートを打たずに中の密集地にパスを送るという「いつもの東くん」を演じていた。

ここで篠田監督はウタカを投入したのだが、草民を下げたのには驚いた。阿部か翔哉を下げて2トップにするものだと思い込んでたのでね。交代後は橋本をアンカー、ウタカを1トップ、シャドーに阿部と嘉人を置く4-1-4-1。試合後の監督インタビューを読むと、練習でもやっている形のようだ。対する鳥栖は小野を下げた。交代で入った福田という選手のことはよく知らないけど、本職フォワードを下げたんだから守備固めだったんだよね。

ところがこの「守備固め」が、個人能力の高い東京にとっては功を奏した。引いて守られると、東京の選手は前を向ける。そのため宏介や翔哉が仕掛ける回数が増え、ついに阿部の突破とウタカの絶妙な位置取りで同点ゴールが生まれる。東もオフサイドポジションで棒立ちになることで、結果的にはゴールに貢献した(?)。ここからは鳥栖の最終ラインが大混乱。必ずしも権田だけが「やっちゃった」わけではないと思うが、連係ミスが連発し3-1に。勝ち点3が目の前に迫ったのだが......。

2-1の段階で徳永ではなく吉本を入れたのは、高さのある豊田対策だったと思うが、この5バックが大失敗。5人のラインは引いてはいるが、きちっと並ぶことは全然なく、グチャグチャ。中盤の足も止まり、おまけに林と森重のお見合いも生まれて、あっという間に同点にされた。

「守備固め」って「守備に重きを置く」こと。当たり前だけど。でもそれは引いて守る事とイコールではないんだと痛感したよ(パリ・サンジェルマン......)。鳥栖が前からガツガツ来た時間帯、それは前半45分と最後の5分だけだったけど、東京は完全に後手に回ってしまった。2-1の段階で東京も前からガツガツ行けば、上手く試合をクローズ出来たんじゃないかと。でもそれにふさわしい選手はベンチにはいなかったなあ。

2017040202b


最後に。試合後に権田がゴール裏に来て、土下座をした。エルゴラのインタビューで「契約解除はぼくのわがまま」とあったので、人としての気持ちは分かるが、キャリアアップのために可能な限りの手を打つのはプロ選手として当然のこと。東京のフロントも合意した上での解除なのだから、何の問題もない。自分の負い目と思い込むな。生き生きとしたプレーを見せつけるのが最高の恩返しだ。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 「榮じ」千歳烏山 | トップページ | 「東京エガオ食堂」調布 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/65100508

この記事へのトラックバック一覧です: キーパー厄日(J1第5節 対鳥栖戦):

« 「榮じ」千歳烏山 | トップページ | 「東京エガオ食堂」調布 »