« ♪銭形が(スティーヴン・タイラー東京公演) | トップページ | ガンバのSS問題 »

2017年4月16日 (日)

収穫なし(J1第7節 対浦和戦)

2017041601

試合を通しての決定機の数は東京はたぶん4回。浦和は2回ぐらいではなかったか。シュート数も東京が8で、浦和は9。これだけを見ると惜敗のようにも受け取れるが、現地でみての感想は「チームとしてのレベルが違いすぎる...」だった。もちろん浦和のレベルがはるかに高い。そう思わせる原因は何だろう。新しい発見はないが、自分用メモとしてまとめてみた。

1) ワンタッチパス
後半の15分過ぎくらいだったと思うが、浦和が東京のペナルティ・エリア角で、柏木を中心にワンタッチパスをパン!パン!パン!と回しゴールに迫った場面があった。あれが典型的で、浦和のワンタッチパスは攻撃を加速させる効果がある。一方、東京のワンタッチパスは攻撃を減速させてしまう。選手間の距離が近すぎて、相手を揺さぶることが出来ていない。

2) サイドチェンジ
浦和がボールを持つと、ピッチのセンターライン付近には選手はいなくなり、サイドに人数をかけて攻撃して来る。その際、サイドから逆サイドへ正確なロングパスをつないで、東京の守備を振り回しにかかってくる。一方東京が長いサイドチェンジをすることは、ほとんど見られない。昔、宮沢がいた頃はあったんだけどね...。

3) 仕掛ける姿勢
これが一番欠けていることだと思う。この試合でも前半に東が、後半に永井が相手のペナルティ・エリアにいい姿勢で進入した場面があったのに、いずれもクロスを上げるだけで終わったしまった。仕掛ける姿勢を見せて相手の足が一瞬止まったときに上げるのならいいが、安易に上げただけにしか見えなかった。あれでは相手は崩れない。この二人は久保くんのゴール映像を見て反省してほしいよ。

(久保くんのゴールの時、ぶち抜かれているのむっくんだよな...)


加えて、前田や東などが、前から積極的にプレスを掛けに行くのはいいのだが、奪ったあとの崩しのアイディア、イメージ共有が今のチームには無いようだ。ついでに言うと、プレス失敗時のコンティンジェンシーも無いように見える。

後半途中から浦和は積極的に攻めて来なくなった。火曜にACLを戦った影響か、あるいはピッチ上の気温が高くなった(公式記録では26.3度)せいかとも思うが、そのため東京がボールを持つ時間が増えたものの、決定的なチャンスは作れずじまい。特に最後の10分は低品質なロングボールばかりで、とても退屈だった。

今のサッカーのままでは、リーグ戦タイトル争いに絡むことはあり得ないだろう。改善の兆しも見られず、かといってカウンターの鋭さも無く、このまま行けば去年の再現になりかねない。

2017041602

さて、NHK BS1サブチャネルでやってた、GK専用カメラの録画見ようかな...。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« ♪銭形が(スティーヴン・タイラー東京公演) | トップページ | ガンバのSS問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/65159835

この記事へのトラックバック一覧です: 収穫なし(J1第7節 対浦和戦):

« ♪銭形が(スティーヴン・タイラー東京公演) | トップページ | ガンバのSS問題 »