« 吉兆? (J1第9節 対広島戦) | トップページ | 決勝はFC東京対ボカ (東京国際ユースU-14サッカー大会) »

2017年5月 4日 (木)

最大の見物は一輪車芸 (ルヴァン杯第4節 対札幌戦)

2017050301

久保くんと小野伸二が同じピッチでプレーするのを見られるなんて、感極まったわ...。そして試合後の小野のコメント「僕の15歳のころとは比べ物にならない。彼はバルセロナでやってきたことも持っているし、このままケガなくできればすごい選手になれると思う。」がねえ...。小野もあの怪我がなければ、普通にバルサやアーセナルでプレーできてた選手なんだよ。

この日の先発は、先週のアウェイ磐田戦での吉本と山田の出来を考慮してなのか林、モリゲ、丸、高萩、拓馬とセンターラインが3日前の広島戦と同じ。右サイドはバーンズではと思っていたが永井が置かれ、1トップはウタカで今季初の先発。この日のウタカは左右に流れて起点となったり、周りを上手く使ったり、前に残っているときも相手守備陣の視界から外れそうな位置取りをするなど、やはりハイレベルな選手だ。顔も可愛い。90分プレーできたのは収穫と言えるだろう。

キックオフ直後は札幌がボールを持ったが、数分経つとそこから最後まで東京がボールを支配していた。あとでデータを見たら札幌のシュートは0。たしかに前半の中頃に、後ろからのパスに上原が滑り込んで合わそうとした場面以外にピンチらしいピンチはなかった。高萩が中盤でつぶしに行く守備も良かったし。ただ、その割りには東京が攻めまくっていたという印象もなし。バイタルに近づくとパスは回ってるんだけど、そこでのパススピードが遅いんだよね。なので、前半のうちにゴールできたのは試合展開をすごく楽にできたと思う。

2017050302

後半の東京の攻撃は、久保くんが出場してから更に機能しなくなった。それは彼のフィジカル力や怪我をさせない事を考慮して他のメンバーが慎重になったのだと思うし、それは十分理解できるのだが、結果的には「別に気にする必要なかったんじゃないの?」とも思った。久保くんはウタカとの2トップの良い位置取りで相手を抑えてたし、守備も普通に出来ていた。たしかに札幌も主力は休ませてたし久保くんが個で突出してたわけではないけど、逆に違和感もなく、他の選手と普通になじんでる感じだった。実際、翔哉より全然背高いし(笑)。

ということで完勝な割りには満足感の低い試合だった。ドロちゃんの一輪車スキルは向上したけど、試合内容向上の先はやっぱり長そうだ。

2017050303

2017050304

2017050305

2017050306

2017050307

2017050308

2017050309

2017050310

2017050311

2017050312

2017050313


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 吉兆? (J1第9節 対広島戦) | トップページ | 決勝はFC東京対ボカ (東京国際ユースU-14サッカー大会) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/65233882

この記事へのトラックバック一覧です: 最大の見物は一輪車芸 (ルヴァン杯第4節 対札幌戦):

« 吉兆? (J1第9節 対広島戦) | トップページ | 決勝はFC東京対ボカ (東京国際ユースU-14サッカー大会) »