« 決勝はFC東京対ボカ (東京国際ユースU-14サッカー大会) | トップページ | もっと勉強しましょう (J1第11節 対柏戦) »

2017年5月11日 (木)

なんとか逃げ切った (ルヴァン杯第5節 対大宮戦)

京王線の電車で、大宮公式スーツを来た人をちょくちょく目にしたなあ。確かオーダーメイド業者がスポンサーなんだよね。品が良くて上等なスーツに見えたな。

2017051101

最終的には4-3で勝利。こんなにゴールの生まれた試合って普通は「打ち合い」「殴り合い」と表現されるが、この試合についてはそんな印象全然なし。特に前半に両チームとも守備のミスが多く、自らピンチを招く場面が頻出。マテウスのループやウタカが枠に当てた場面もそうだったし、ゴール場面に限ってもPKが2に、ゆるゆる守備のセットプレーから3、オウンゴールが1だったわけで、東京ワッショイでもそんなに気持ちは高ぶらなかったなあ。

選手個人では確かに収穫があった。慣れないセンター・ハーフでの起用だったユ・インスは前から積極的にボールを奪いに行ってたし、隙あらばシュートを打つ姿勢も○。右サイドバックの柳も自分がボールを持つと足元のミスが多かったが、マテウスに1対1で挑まれる場面では相当手を焼きながらも耐え抜いていた。一方、吉本と択生はバックアッパーとしてのアピールには失敗したと思う。

後半の東京は結構改善され、高い位置でボールを回収して攻撃に繋げるようになった。ウタカ、拓馬、翔哉の連係はなかなか楽しく、特に拓馬はキープ力、判断力の高さを見せつけたと思う。でも後半の得点はFKからの1点のみ。特にウタカはちょっとやり過ぎだったかも。あと3点くらいは取れたと思う。

大宮は、セットプレーでのマンツーマン守備。あれちょっとどうにかしないと勝ち点落とす試合が続くと思うよ。あと、ペチュニクとムルジャを途中で下げたのは理解出来なかった。故障でもしたのか。

2017051102

復帰のヨネは無難にプレーし、まずは順調な滑り出し。これまで両膝とも前十字靱帯をやっちゃっているので、前から奪いに行くんじゃなくてスペースを埋めるタイプに変わってほしい、でないとまた大けがすると思ってるんだけど、本人はどう考えているのだろうか。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 決勝はFC東京対ボカ (東京国際ユースU-14サッカー大会) | トップページ | もっと勉強しましょう (J1第11節 対柏戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/65265458

この記事へのトラックバック一覧です: なんとか逃げ切った (ルヴァン杯第5節 対大宮戦):

« 決勝はFC東京対ボカ (東京国際ユースU-14サッカー大会) | トップページ | もっと勉強しましょう (J1第11節 対柏戦) »