« sorry | トップページ | 伊予 (スティング東京公演2日目) »

2017年5月29日 (月)

踊り場か限界か (J1第13節 対甲府戦)

この日のスタグルはチョリパン。

2017052901

アルゼンチン風チョリソ(ソーセージ)を挟んだサンドイッチで、このチョリソ、牛肉製でまったく辛くなく歯ごたえがそれなりにある。こいつはとても美味しかった。待ち行列が長くて買えるまで30分以上かかったけど、また食べてみたいよ。

この日の収穫はこれだけ。試合は林のビッグセーブのおかげで勝ち点1は確保できたものの、内容は寒かった。試合後ゴール裏のブーイングも納得できる。前半に放ったシュートは高萩のヘッダーのみで、それ以外1本もなし。5バックで守る甲府だが、決してドン引きではなかった。サイドにスペースは確かにあったのに、そこを突こうとして飛び出してくる東京の選手が少なすぎる。あと、判断が遅い。

後半はそこそこチャンスを作ったが、今度は決定力不足に泣いた。決定力って個人能力だから、シーズン終盤に向けて向上していくとは思えない。一番決定力があるはずの嘉人は使う側に回ってしまい、シュートゼロ。

一方連携力は練習次第で十分向上していくはずだ。目の前の甲府がいい例で、吉田監督になって半年に満たないのに、ボールをキープして前線に持って行くところまではとても安定していたじゃないか。パスミスは1回も無かったはず。そこから先の崩す力はまだまだ不足していたが。

前節の神戸戦は見ていないが、レビューやインタビューを見ると攻撃時の連携が向上しているという評価が多かった。今回の出来はたまたまなのだろうか。個人的にはこの内容のままシーズン終了を迎えると思っているが、いい意味で予想を裏切ってほしい。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« sorry | トップページ | 伊予 (スティング東京公演2日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/65344874

この記事へのトラックバック一覧です: 踊り場か限界か (J1第13節 対甲府戦):

« sorry | トップページ | 伊予 (スティング東京公演2日目) »