« 嘉人の日ではなかったけれど (J1第15節 対マリノス戦) | トップページ | ストライカー拳人 (J1第18節 対鹿島戦) »

2017年6月22日 (木)

梅雨明け前に天皇杯終了 (天皇杯2回戦 対長野戦)

20170621

PK戦の3人目のキッカーに阿部拓馬が出てくるのを見たとき、「え? その選択はまずいんじゃないの??」と不安がよぎった。

阿部が120分良く頑張ってたのは分かっていたが、相手ゴール前の肝心な場所で足元のミスでボールを失う場面が多く、「今日は拓馬の日じゃないなあ...」と感じていたのだ。つまり、こないだの日曜の嘉人のようなものだ。残念ながら悪い予感は的中してしまった。


しかし、だ。もっと問題はチームだ。この状況は相当まずい。

あれだけ大勢の選手が足を攣っていた長野を崩せないなんて、中断期間に一体どんな練習をしてたんだ。東京のパス回しが相手を揺さぶっていないことを思いっきり証明しちゃったじゃないか。

あと工夫が足りないと思ったのが、マイボールでのコーナーキック。すべて小川が蹴ってたが、翔哉が蹴る場面も混ぜるべきだったのでは? でないと相手が慣れちゃうだろ。

今日の唯一の救いはヨネ。ロングパスで積極的な展開を図っていた。体力が戻っているなら、次のリーグ戦からは先発で使うべきだろう。



それにしてもだ......。今日の失望感は相当大きいな.........。横河武蔵野に負けたときと違うわ、この感覚。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 嘉人の日ではなかったけれど (J1第15節 対マリノス戦) | トップページ | ストライカー拳人 (J1第18節 対鹿島戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/65441461

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨明け前に天皇杯終了 (天皇杯2回戦 対長野戦):

« 嘉人の日ではなかったけれど (J1第15節 対マリノス戦) | トップページ | ストライカー拳人 (J1第18節 対鹿島戦) »