« 2017年5月 | トップページ

2017年6月22日 (木)

梅雨明け前に天皇杯終了 (天皇杯2回戦 対長野戦)

20170621

PK戦の3人目のキッカーに阿部拓馬が出てくるのを見たとき、「え? その選択はまずいんじゃないの??」と不安がよぎった。

阿部が120分良く頑張ってたのは分かっていたが、相手ゴール前の肝心な場所で足元のミスでボールを失う場面が多く、「今日は拓馬の日じゃないなあ...」と感じていたのだ。つまり、こないだの日曜の嘉人のようなものだ。残念ながら悪い予感は的中してしまった。


しかし、だ。もっと問題はチームだ。この状況は相当まずい。

あれだけ大勢の選手が足を攣っていた長野を崩せないなんて、中断期間に一体どんな練習をしてたんだ。東京のパス回しが相手を揺さぶっていないことを思いっきり証明しちゃったじゃないか。

あと工夫が足りないと思ったのが、マイボールでのコーナーキック。すべて小川が蹴ってたが、翔哉が蹴る場面も混ぜるべきだったのでは? でないと相手が慣れちゃうだろ。

今日の唯一の救いはヨネ。ロングパスで積極的な展開を図っていた。体力が戻っているなら、次のリーグ戦からは先発で使うべきだろう。



それにしてもだ......。今日の失望感は相当大きいな.........。横河武蔵野に負けたときと違うわ、この感覚。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

嘉人の日ではなかったけれど (J1第15節 対マリノス戦)

20170618

勝ち点3を取れなかったことに関しては、これはもう完全に嘉人のせい。超決定機が3回もあったのに、シュートがすべて枠を外してしまうとは...。

ただアタッカーにはこういう日がある。たとえそれがレバンドフスキーであってもメッシであってもクリスティアーノ・ロナウドであっても。こんな時に嘉人を替えるのか、使い続けるのか。監督の判断は難しいし、結果論でしか評価できない。サッカーはこんなものだと、あきらめるしかない。

でも、勝ち点1すら取れなかったのはチームのせいだ。失点の場面、東京の裏伝統である「スローインからのリスタートがへたくそ」がもろに出てしまった。マイボールのスローインで、点を取りに行ってる場面なのに誰もボールを受けに近づかない。あるいは、細かく動いてマーカーを剥がす動きを取らない。スロアーは仕方なく林に戻すが、プレッシャーを受けた林のキックはタッチを割る。すると今度は当然相手のスローイン。なのに、東京の選手は受け手にプレッシャーを掛けに行かない。そうするとこれまた当然のことながら簡単にパスを回され、決勝点を奪われた。

なんであんな場面で集中力が切れるのだろう。スローインてのはセットプレーだよ。しかもルール上オフサイドが取れないという、結構危険な場面なのに。見ていて本当に情けなかった。

これでリーグはホーム3試合勝ちなし。最後に勝ったのはヨレヨレだった広島相手。その前はクラシコか......。営業的にもまずいよな、これ。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

殴り合い

UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAヨーロッパリーグ、 UEFAスーパーカップ 2018-19シーズンより全試合の独占放映権を獲得! (DAZN公式)

ドイツ・ブンデスリーガ 2018/19から2シーズンの全試合放送権・配信権を獲得 (スカパー!公式)


90年代終わりから2000年代の頭にかけてのこと。

スカパー!がWOWOWからセリエAとチャンピオンズ・リーグ放映権を奪取し、途方に暮れてたあの頃。WOWOW開局当時から会員だったし、私はユベンティーノでもあるし、当時のうちではCSが見られなかったのでね。

ところが、すぐさまWOWOWがJ Sports(事実上はスカパー!。J Sports見るにはスカパー!加入が必須なので)からリーガ・エスパニョーラの放映権を奪い取るというカウンターアタックを見せ、現在に至る。WOWOWのおかげでデポルティーボの試合が見られるよ。

あの頃を思い出すなあ。いいぞ! もっとやれ!!



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

代表戦

以前から変わらないが、私はハリルホジッチ監督を支持していない。ジーコ監督時代のようなつまらない試合が続いているし、それ以上にフィジカル偏重な選手起用に不信感を持っている。

もちろん一定以上のフィジカルが必要なのは分かる。

オシム時代のジェフ千葉のように、120分間走りまくっても足がつらないチームができれば、それはすばらしいと思う。でも千葉のそれは、疲れて各自の集中力、判断力、視野が低下するの防止する、つまり高度なサッカー脳を維持するのが目的だったと思うのだ。

一方「デュエル」という言葉に象徴されるように、いまの代表は球際第一の戦術に見える。それが得策とは全然思えないのだ。なぜ日本の不得手な部分で勝負するのだろう。それって合理的だろうか。効率的だろうか。たとえワールドカップに出場できても、欧州南米アフリカのチームに「そこで」勝てるのか? いや、豪州やサウジにだって「そこで」勝てるかどうか怪しいと思っている。そりゃあラグビーの代表がフィジカルで南アフリカと対等に戦えたんだから可能性はゼロとは言わないが、サッカー代表は公式戦前に1週間も練習できないのが常だろう? 鍛え上げる時間なんて無いではないか。

あとこれは結果論だが、3月の予選で今野が、今回の一連の試合で香川、山口、井手口、酒井宏樹が負傷離脱したのも「デュエル」が根因なのじゃないのか。つまり、自分で自分の首を絞めているな、と。

代表監督に問われるのは、選手を自分好みの戦術に当てはめるのじゃなくて、選手の特長に合った戦術を採用できるかということだと思う。クラブチーム強化とは異なる能力で、そこが現代表監督には欠けていると思う。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

伊予 (スティング東京公演2日目)

20170608

セットリストは一番下に書いたけど、見ただけでは1曲目と2曲目には約50分の間があることは分からないよね。

コンサートの前の日にチケットをじーっと見つめていたいたら、そこにはWITH SPECIAL GUESTS JOE SUMNER AND THE LAST BANDOLEROSの文字が。「ああ、前座があるんだな。そういえばポリスの2008年来日公演でも息子が前座してたし」と気がついたのだが、どうも認識してなかった観客が多数だったみたいだ。定刻ぴったりに場内は暗転し、スティングが新作から'Heading South On The Great North Road'を歌ったあとは、前座の演奏になった。

オープナーはスティングの息子、ジョー・サムナー。エド・シーランを思わせるギター1本(ただしエレキ)のパフォーマンス。高音域の声が父親に本当にそっくりで、客席からは驚きの声が沸いていた。あと、彼は日本語の発音が実に自然。セカンド・アクトのラスト・バンドレロスは、何というかビートルズというかチューリップというかチープ・トリックというか......2曲目はまるで「甘い罠」だった(笑)。

続きを読む "伊予 (スティング東京公演2日目)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ