« 殴り合い | トップページ | 梅雨明け前に天皇杯終了 (天皇杯2回戦 対長野戦) »

2017年6月18日 (日)

嘉人の日ではなかったけれど (J1第15節 対マリノス戦)

20170618

勝ち点3を取れなかったことに関しては、これはもう完全に嘉人のせい。超決定機が3回もあったのに、シュートがすべて枠を外してしまうとは...。

ただアタッカーにはこういう日がある。たとえそれがレバンドフスキーであってもメッシであってもクリスティアーノ・ロナウドであっても。こんな時に嘉人を替えるのか、使い続けるのか。監督の判断は難しいし、結果論でしか評価できない。サッカーはこんなものだと、あきらめるしかない。

でも、勝ち点1すら取れなかったのはチームのせいだ。失点の場面、東京の裏伝統である「スローインからのリスタートがへたくそ」がもろに出てしまった。マイボールのスローインで、点を取りに行ってる場面なのに誰もボールを受けに近づかない。あるいは、細かく動いてマーカーを剥がす動きを取らない。スロアーは仕方なく林に戻すが、プレッシャーを受けた林のキックはタッチを割る。すると今度は当然相手のスローイン。なのに、東京の選手は受け手にプレッシャーを掛けに行かない。そうするとこれまた当然のことながら簡単にパスを回され、決勝点を奪われた。

なんであんな場面で集中力が切れるのだろう。スローインてのはセットプレーだよ。しかもルール上オフサイドが取れないという、結構危険な場面なのに。見ていて本当に情けなかった。

これでリーグはホーム3試合勝ちなし。最後に勝ったのはヨレヨレだった広島相手。その前はクラシコか......。営業的にもまずいよな、これ。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 殴り合い | トップページ | 梅雨明け前に天皇杯終了 (天皇杯2回戦 対長野戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/65428924

この記事へのトラックバック一覧です: 嘉人の日ではなかったけれど (J1第15節 対マリノス戦):

« 殴り合い | トップページ | 梅雨明け前に天皇杯終了 (天皇杯2回戦 対長野戦) »