« 伊予 (スティング東京公演2日目) | トップページ | 殴り合い »

2017年6月14日 (水)

代表戦

以前から変わらないが、私はハリルホジッチ監督を支持していない。ジーコ監督時代のようなつまらない試合が続いているし、それ以上にフィジカル偏重な選手起用に不信感を持っている。

もちろん一定以上のフィジカルが必要なのは分かる。

オシム時代のジェフ千葉のように、120分間走りまくっても足がつらないチームができれば、それはすばらしいと思う。でも千葉のそれは、疲れて各自の集中力、判断力、視野が低下するの防止する、つまり高度なサッカー脳を維持するのが目的だったと思うのだ。

一方「デュエル」という言葉に象徴されるように、いまの代表は球際第一の戦術に見える。それが得策とは全然思えないのだ。なぜ日本の不得手な部分で勝負するのだろう。それって合理的だろうか。効率的だろうか。たとえワールドカップに出場できても、欧州南米アフリカのチームに「そこで」勝てるのか? いや、豪州やサウジにだって「そこで」勝てるかどうか怪しいと思っている。そりゃあラグビーの代表がフィジカルで南アフリカと対等に戦えたんだから可能性はゼロとは言わないが、サッカー代表は公式戦前に1週間も練習できないのが常だろう? 鍛え上げる時間なんて無いではないか。

あとこれは結果論だが、3月の予選で今野が、今回の一連の試合で香川、山口、井手口、酒井宏樹が負傷離脱したのも「デュエル」が根因なのじゃないのか。つまり、自分で自分の首を絞めているな、と。

代表監督に問われるのは、選手を自分好みの戦術に当てはめるのじゃなくて、選手の特長に合った戦術を採用できるかということだと思う。クラブチーム強化とは異なる能力で、そこが現代表監督には欠けていると思う。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 伊予 (スティング東京公演2日目) | トップページ | 殴り合い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/65410095

この記事へのトラックバック一覧です: 代表戦:

« 伊予 (スティング東京公演2日目) | トップページ | 殴り合い »