« 世論調査 | トップページ | ターンオーバーやめたんだ (J1第19節 対新潟戦) »

2017年7月27日 (木)

東京3バック、広島4バック (ルヴァン杯プレーオフ 対広島戦)

今日の東京の並びはこんな感じ。

20170726

センターハーフの橋本とユ・インスと、2トップとの間が妙に空いているのは、この絵が私の感想を表しているからです。アンカー高萩はともかく、センターハーフの橋本とユ・インスのポジションは低すぎだったでしょう。二人とも特に前半は存在感がなくて、組み立ては高萩か丸山からサイドへ出すロングパスが主体でした。まあそのパスは悪くはなかったけどね。あとフォワードとセンターハーフとの連携がないので、その分翔哉が個人技で打開しようとする場面が増えたのだが、残念ながら今日は翔哉の日じゃなかったです。公式記録ではシュート7本だが、枠外かGKの正面ばかりでした。

それでも前半の東京のチャンス数は広島より断然多かったのだが決めきれず、悪い予感がふつふつと沸いてきた。なので37分と39分と連続して完全に守備を崩されたときは本当にやられたと思ったのだが...しかしそこで点を取れないのが今年の広島。お互い悩みが消えないねえ......。

後半は、ハーフタイムの監督指示が良かったのか、東京が押しまくる展開に。それでも後半17分にカウンターを食らったとき冷やっとしたが、そのカウンターに東京もカウンターで応酬して、更にカウンターで返されかけたときに広島に致命的なパスミスが発生。パスミスを拾った室屋がミドルを決めた! 拾ってすぐにシュートに向かった、あの判断は良かったよ。

その後は一時的に広島が攻勢に転じるものの長続きせず、最後の10分くらいは東京がパス回しで時間稼ぎ。終盤は気持ちが切れたのか、広島守備陣の足が止まり決定的パスが出せるスペースが大発生していたのだが、東京の選手は見向きもせずに時間稼ぎに専念(笑)。いや、まあリスク回避なんでしょうけど、3点目取れたんじゃないの?

結果的に、どちらのチームも週末のリーグ戦に向けての実験みたいな試合でした。東京は3バックの脇を突かれる場面が結構あったのは課題だし、一方でチャンスの数が多かったのは肯定的に評価できると思う。新潟戦も3バックで行くでしょう。ただし次は先発が5人くらい入れ替わるだろうから、2度目の実験になるだろうね。さて多摩川クラシコでは3バックか4バックか...。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 世論調査 | トップページ | ターンオーバーやめたんだ (J1第19節 対新潟戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/65584687

この記事へのトラックバック一覧です: 東京3バック、広島4バック (ルヴァン杯プレーオフ 対広島戦):

« 世論調査 | トップページ | ターンオーバーやめたんだ (J1第19節 対新潟戦) »