« 東京3バック、広島4バック (ルヴァン杯プレーオフ 対広島戦) | トップページ | ナオ引退 »

2017年7月30日 (日)

ターンオーバーやめたんだ (J1第19節 対新潟戦)

20170730

新潟のすごい橋って何だろう。興味沸くなあ。


試合前のウォーミングアップ時にその日のメンバーが背番号順に発表されるが、そこで最初の小さなクエスチョンマークが浮かんだ。「え、吉本いないの? CBの控えは誰なんだ? 小川君は180cmあるから。彼がCBの控えの位置づけなのか?」

そのうちウォーミングアップが始まると先発組と控え組とで分かれて行うので、それを見れば誰が先発かが分かるのだが...「え!? 小川が先発で、宏介が控え????」しかも東も永井も控え組だ。これには自分の目を疑ったよ。

確かにカップ戦ではある程度の結果は出ているわけで、そこで選手がいい仕事をしたとしてもリーグ戦で使ってもらえないのであれば、選手の気持ちは落ちていくだけだろう。ただ、小川と山田、さらにはセンターハーフとしての橋本がリーグ戦先発起用に値する仕事をしているかというと、そうは思えない。

私の想像はこうだ。フロントと篠田監督は、ACL圏内という今季の目標を捨てた。残りの期間は若手中心の布陣にシフトし育成を重視し、来年再来年に結果を出すことを目指す。リッピ・ヴェローゾとジャキット(まだ選手登録してないんですけど......)の獲得もその一環。そしてウタカや嘉人、宏介との契約は更新しない。......さあ、どうでしょう。


さて試合だが、この日のフォーメーションは3-1-4-1-1というか、翔哉がトップ下に降りてセンターハーフとFWの空間を埋める役割をしていた。でも最初の10数分は高萩にボールが渡らず、なかなか攻撃を形成できない。そんな中セットプレーから失点。ターンオーバーだけじゃなくて、マンツーマン守備もやめたんだね。

そのあとは支配率を上げるも「数多くチャンスを作るが決めきれない」という、水曜の広島戦とまったく同じ展開。チャンスが増えるほど、最終局面でのパス、クロス(室屋よ......)、シュートの下手さが目立ってしまった。実際、完全に崩した場面はほとんどなく、崩しきっていないのだから最後はすごく精度の高いシュートが必要なわけで...。でも急に足元が上手くなる選手なんてあり得ないですよね。だとしたら、ボールを引き出したり、守備陣のギャップを突くための縦走りがもっと必要だと思うのだが、そんな動きはほとんど見られない。そこが今の戦術に対する一番の不満。ああ、書いちゃった。

ウタカの個人技で同点に追いついたものの、交代で入った前田、永井を活かせずそのまま同点で終了。これでリーグ戦ホームは3ヶ月間勝ちなし。つうか、リーグ戦では先制されるとまったく勝ててないんだよね(ルヴァンの大宮戦が唯一の逆転勝利)。この状況、いつまで続くんだろう...。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 東京3バック、広島4バック (ルヴァン杯プレーオフ 対広島戦) | トップページ | ナオ引退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/65601438

この記事へのトラックバック一覧です: ターンオーバーやめたんだ (J1第19節 対新潟戦):

« 東京3バック、広島4バック (ルヴァン杯プレーオフ 対広島戦) | トップページ | ナオ引退 »