« やっとホームで勝ったー! (J1第22節 対神戸戦) | トップページ | よほどのこと (J1第25節 対セレッソ戦) »

2017年9月 4日 (月)

シーズン終了 (ルヴァン杯準々決勝 対川崎戦)

2017090401

高萩とチャン・ヒョンスが代表に呼ばれ、森重、室屋、草民が負傷離脱中。ナオの膝は回復せず翔哉はこの夏に移籍。バーンズも拓馬も河野もいなくなってる手薄なメンバーの東京。一方の川崎は前の試合で憲剛、小林、阿部、大島を実質温存し、負傷の登里以外はしっかりベストメンバーで望める状況。この組み合わせでは3点差以上で勝てるとは思っていなかったし、2-0で延長戦突入とも思っていなかった。ただ、複数得点が絶対に必要な状況で一丸となって戦う姿を見たかった。3-2や4-3では敗退だが、それでも複数得点して勝てば十二分に満足していたと思う。いや、2-2でも満足してただろう。シーズン後半になってから複数得点したホームゲームはJ1第18節の鹿島戦だけである。とにかくゴールをこの目でたくさん見たい。

この期待は200%打ち破られた。いや、たくさんのゴールが見られたのは事実ですけどね。当たり前だが、川崎の方が巧くて強くて頭が良かった。東京はレベルが下だった。

2017090402

2017090403

2017090404

昔々子供の頃、趣味で将棋を始めたときに超初心者向けガイド本で「三手先を読む」というセオリーを読んだ記憶がある。「自分がこう指すと相手がこう来るはず。そしたら自分はこう指す。相手が別の指し手で来たら、自分はこちらの指し手を採る」という風に先読みする基礎の基礎だ。プロ棋士は何十手も先(選択肢でいくと何百種類も発生する)を読み、かつ相手の選択肢を奪うよう追い込んでいくことに努めるわけだが、昨日の試合を見ていると「東京は三手先すら読めていない。悪い意味で、目の前のボールしか見ていないなあ」と強く思った。

序盤の川崎は無理に攻めてこなかったのに、東京のロングパスはただのクリアという精度だったし、サイドに運べばそこからはクロスだけ、中央に運べば無理なパスを通そうとするだけ。中央とサイドを組み合わせて相手を揺さぶるという発想がない。選手間の距離も遠く、味方がボールを持ってもサポートに行かない。スペースを突く動きも相変わらずない。

また守備でも低い位置からマンツーマン的に強く行くので、それ自体は悪いとは言い切れないが、ボールはカット出来ても足下からどうしても離れてしまう。そうすると選手間の距離の良い相手にはすぐに回収されてしまうのだ。連動して相手を追い込んでいく守備なら、足下で絡め取ったりパスミスを誘発して速攻に転じられると思うのだが......。

それでも20分過ぎからの数分間、相手を少し押し込む展開になったのだが、これが完全に裏目に出た。梶山の縦パスをカットされた時点で3バックと梶山の両脇には巨大なスペース。両サイドの選手はリスク管理が全然出来ていなかった。失点の場面は柳の裏を使われたが、小川の裏もがら空きだったと思うよ。ここからは完全に川崎の練習試合。ハットトリックを達成した相手選手に拍手したのは、10年前のクラシコでのチョン・テセ以来ではないか。


さて今シーズンはもう終わったようなもので、今週末からは消化試合の始まりだ。グルメ優先で
(いや、そこは変化無いか)、ぼけーっと見ることにしよう。最後に余談を一つ。いま個人的願望があって、それは何かというと......東京ガスの株を買い占めて大株主になり、定期株主総会で出向人事禁止の議案を可決させることだ。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« やっとホームで勝ったー! (J1第22節 対神戸戦) | トップページ | よほどのこと (J1第25節 対セレッソ戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/65751784

この記事へのトラックバック一覧です: シーズン終了 (ルヴァン杯準々決勝 対川崎戦):

« やっとホームで勝ったー! (J1第22節 対神戸戦) | トップページ | よほどのこと (J1第25節 対セレッソ戦) »