« まだまだ (J1第28節 対磐田戦) | トップページ | じぇじぇ (J1第30節 対札幌戦) »

2017年10月 3日 (火)

Free Fallin'

トム・ペティが死去、マネージャーが声明を発表 (amass)

トム・ペティが亡くなる。一度誤報の後、マネージャーが正式に発表 (Rockin' On)

自分にとっての一番のトム・ペティ体験は、映画「ザ・エージェント」のある場面だ。主人公であるスポーツ選手代理人業のジェリー・マグワイア(トム・クルーズ)が、勤めるマネジメント会社に提案を出す。「会社の利益ばっかりじゃなくて、もっと顧客(選手)に寄り添って業務を遂行すべきだ」と。ところが会社はその提案を理由にして速攻でジェリーを首にする。首を言い渡されたジェリーはその帰り道、車を運転しながらラジオから流れるトム・ペティの「フリー・フォーリン」に合わせて大声で歌うのだ。

And I'm free!
Free fallin'

俺は自由だ!
自由に落ちていくんだ!!


歌うジェリーの顔がポジティヴにもやけくそにも見えるあの場面、主人公の気持ちがとても良く表現されている好きな場面だ。「フリー・フォーリン」を含むトム・ペティの最初のソロ・アルバム「フル・ムーン・フィーヴァー」が自分の愛聴盤の一つにのし上がったのも、この場面の影響だ。

「フリー・フォーリン」はトム・ペティの代名詞的な作品でもあり、とても多数のカヴァーがある。それ以外に隠れカヴァーと言えるのが(嫁に教えてもらったのですが)、スティーヴン・タイラーの「レッド、ホワイト・アンド・ユー」だ。"Tom Petty on the radio" "A free fallin' into your yum yum"が歌詞に含まれているのだ。この曲もアメリカの暮らしを題材にした曲で、更にトム・ペティの名曲への敬意も含まれていると言っていいだろう。

独特のだみ声で素敵な音楽を届けてくれたトム・ペティ。どうもありがとう。一度でいいからライヴ見たかったな。RIP.


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

|

« まだまだ (J1第28節 対磐田戦) | トップページ | じぇじぇ (J1第30節 対札幌戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/65870090

この記事へのトラックバック一覧です: Free Fallin':

« まだまだ (J1第28節 対磐田戦) | トップページ | じぇじぇ (J1第30節 対札幌戦) »