« 2018年J2順位予想 | トップページ | 我慢その二 (J1第2節 対仙台戦) »

2018年2月25日 (日)

我慢その一 (J1第1節 対浦和戦)

2018022501

試合前には東京スカパラダイスオーケストラのライブ公演。演奏中に浦和ゴール裏は自分たちのチャントを大声で歌っていたが、それって主催者側イベントへの妨害行為だよ。二度とそんなことしないように。

2018022502

さて肝心の試合だが、予想した通りの内容だった。そしてその内容からして、1-1の引分けは妥当な結果。もちろん勝ってほしいが、前のエントリーにも書いた通り我慢の日々の始まりだ。

浦和の布陣が先週2試合も対戦したマリノスと同じ4-3-3だったので慣れていたのか、東京はサイドから攻められはするものの致命的に崩されることはなく、守備陣は落ち着いて対応していた。特にマルティノスに右から仕掛けられる場面は多かったものの、宏介の対応は見ていて心配なかった。前半の冷やっとした場面は興梠のシュートの時だけ。流れから決定的場面を作られることはほとんどなかったはず。

ただし、東京がボールを奪ってから自らのパスミス、連携ミスですぐボールを奪い返されることは多く、それで失点しなかったのは浦和の攻撃がイマイチだったせいで、ある意味幸運だったなと思う。パスの部分はもっと改善しないとな。髙萩やヨネは積極的にプレーしていたものの、いいパスを出すことは出来なかったし。特にヨネは、得意の浮き球パスがゼロだったのでは? あと、2-3人できっちり前で奪いに来てパスカットする浦和の守備が良かったのも事実。

2018022503

東京は後半から髙萩をトップ下に置く4-3-1-2に布陣を変更。そのせいでマークがずれたのか、後半すぐに東がスペースを突いて先制ゴール。スペースを突くなんて東には珍しい動き。今後も繰り返してくれよ。 

このまま1-0で逃げ切れれば最高だったのだが、それだけに直後のセットプレーですぐに同点にされたのはとても残念だった。東京は最後まで流れから崩されることはなかったし、1-0をキープし続ければ浦和がもっと前掛かりになり、そのせいで永井と久保君の活用効果も大きくなったろうに。

富樫を入れてから永井が右に回り4-4-2に戻したものの、決定的チャンスは作れず引分けに終わり、ホームでの複数得点はまたもお預け。選手個人で目を引いたのは、ディエゴのスピードとキープ力、大森の自由なポジショニングだった。新加入のこの二人は十分な戦力になりそうだ。

2018022504

次節は相性のいい仙台戦。いいきっかけを作れることを祈る。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 2018年J2順位予想 | トップページ | 我慢その二 (J1第2節 対仙台戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我慢その一 (J1第1節 対浦和戦):

« 2018年J2順位予想 | トップページ | 我慢その二 (J1第2節 対仙台戦) »