« 希望スタメン2018 | トップページ | 2018年J1順位予想 »

2018年2月19日 (月)

プレシーズン・マッチ感想

最初に相手チーム、マリノスから。かなりインパクトあったので。

  1. ひたすらサイド攻撃を仕掛け続ける。
  2. あんなにポゼッション率の高いマリノスなんて初めて見た。
  3. バックラインがやたら高い。
  4. プレシーズン・マッチなのに交代枠を使わない。

4. はともかく(笑)、チームのモデルチェンジには成功しているように見えた。飯倉の足が攣らないかはちょっと心配したけどね。失点場面を含め、昨シーズン序盤の千葉を思い出したのだよ。

20180219

さて、東京の感想。マリノスの執拗なサイド攻撃に手を焼いていたのは確かだが、GKを含め最終ラインの集中力は見事だった。守備の構築はうまくいっているようだ。個人ではヒョンスと、相変わらずビッグセーブ連発の林がすばらしかった。もちろん、ビッグセーブしなくてすむように高い位置で奪い取るのが一番だが、そこはこれからですね。

で、ボールを奪ったあとのカウンター攻撃だがここはまだまだ。ヒョンスとモリゲのフィードの狙いはよかったと思うが、前線はディエゴが個人で行く場面が多かった。もうちょっとフォロアーが欲しいなあと。まあ、それでも後半はチャンスがやや増えてたね。永井の決定力は......。

まあ、ワールドカップ前までは我慢の多い試合になるだろうと想像。そして中断期間にどこまで改善できるか。健太が指揮したチームはシーズン後半に上昇する印象があるので、期待してもいいと思う。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 希望スタメン2018 | トップページ | 2018年J1順位予想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレシーズン・マッチ感想:

« 希望スタメン2018 | トップページ | 2018年J1順位予想 »