« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月24日 (土)

翔哉代表戦初出場初ゴール

後半からテレビ観戦。実況アナが「マリの選手」と言うたびにマリノスのチャントが頭の中を流れたよ。そして、「マリボール」ってそれ鞠球?ってな具合でね。

翔哉のゴール自体は喜ばしいこと。中央でボールをさばいてからも動きを止めずに、空きスペースに進入していた翔哉の動きは素晴らしかった。それにラストパスは三竿って、緑さん出身の人材はすごいなあ...。でもチームとしての内容は相変わらずお粗末だった。

何回も書いてるけど、ハリルホジッチ監督は日本に足りない部分(フィジカル、カウンター精度)を強くして、そこで勝負して結果を出して自分の功績を認めさせたいのだと思う。「足りない部分を強くする」という発想自体は誤りではないし、クラブなら十分あり得る。けど、それは練習時間の取れない代表には合わない発想だ。いや昔の代表なら実現可能だったろうけど、選手の大半が海外でプレーする現在ではね。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

半年ぶりのリーグ戦勝利!! 次は!!! (J1第4節 対湘南戦)

今回のスタグルはもつ煮とたこ焼き。

2018031901

2018031902

天気予報だとキックオフ時点で気温17度くらいで結構強い南風が吹いてくるとなっていたのだが、実際の味スタのバックスタンド2階は東京ゴール裏方面、つまり北北東から強い風が吹き付けていて、体感温度はかなり寒かった。その強風のせいでたこ焼きの上の削り節が吹っ飛んじゃって、軽くパニック起こしたよ。でも府中アメダスの記録を見ると予報通りなんだよなあ。

そんな予想外の天候の中で始まった試合だったが、スタメンもかなり予想外だった。水曜のルヴァンカップから、森重以外はすべて同じスタメン。これは健太監督の「勝てる面子で戦う」という明確なメッセージだろう。そのメッセージに一層奮起したのか、前への寄せはなかなか熱かった。湘南も熱い動きを得意とするチームということで、あっという間に過ぎた90分だった。

2018031903
湘南って、キックオフ時のハーフラインに8人も張ってる(驚)。

続きを読む "半年ぶりのリーグ戦勝利!! 次は!!! (J1第4節 対湘南戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

半年ぶりの公式戦勝利! (ルヴァン杯 対新潟戦)

平日開催なら必ず利用してたスタジアム直行バスが、今日は運行無し! それを知ったのが当日の職場の昼休み時点で、移動予定時刻が大幅に変更になっちゃったよ。いやあ、まいったわ。キックオフにはなんとか間に合ったけど、多磨駅そばのイートインできる弁当屋さん、あれ閉店しちゃったのかな......。

新潟は直近のリーグ戦から先発全員を入替え。一方東京は髙萩、ディエゴ、東など中盤から前はレギュラー組を多く先発に起用。こうなれば東京が試合を支配するのは当たり前で、前半20分までの決定機は少なくとも6回はあった。ところが点が入らない。点が入る雰囲気もない。これは相手GKのビッグセーブや新潟の固い守備に手を焼いたからから...ではない。どうしたことかシュートが全然枠に行かないのだ。あとで録画で確認したら、シュート18本で枠内は決勝ゴールのみ(公式記録はシュート15本)。特にディエゴ・オリヴェイラ、彼の日ではなかったねえ......。

続きを読む "半年ぶりの公式戦勝利! (ルヴァン杯 対新潟戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 9日 (金)

前に前に (ルヴァン杯 対マリノス戦)

フジテレビNEXTでテレビ観戦。今年はルヴァンカップ・ハイライトのテレビ放送は無いみたいだね......。

リーグ戦からフィールドプレーヤーの先発全員を入替え。しかも内田、岡崎はトップチームの試合では初先発。控えメンバーも開幕節第2節からGK以外すべて入替えということで、結果が出なかったのは仕方ない。前に行く守備も、特に前半はかわされる場面が多く課題は山積みだ。ただしゴールを奪えるチャンスは何度もあったし、勝てない試合ではなかった。特に内田が決定機でシュートを打たずにパスを出したところ。あれにはテレビ画面前で思わず大声出してしまった。対面には相手GKしかいないのに人が密集している中央部にパスを出すなんて、東の悪いところは真似せんでよろし。

とは言っても内田も岡崎も、そして久保もトップチームでは初のフル出場。原もプロ初出場なので、重要な体験をしたのも確かだろう。今季ここまで公式戦未勝利だが、指導者が敗北後の選手にどのようなメッセージを伝えたかが大事だと思う。


あと余談だが、副審のオフサイド判定は何だかなあだったな。永井の飛び出しはハーフライン手前からだったよ。そのあとで帳尻あわせのマリノス側オフサイドもあったけど。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

我慢その二 (J1第2節 対仙台戦)

タイトルの芸の無さには、申し訳ないと思ってます。でも我慢の日は続くのだ。

2018030401

相手が仙台ということで、「選択肢はこれだろ!」と試合前に食べたのは牛タン丼。なかなかおいしゅうございました。さて試合だ。

2018030402

前半の自陣はいつもと逆。仙台がキックオフしたので陣地を変えたのは東京側の判断ということだが、あれはどういう意図だったのだろう。風はそれほど吹いていなかったので、後半に西日がGKに当たらないようにということだろうか。

前半の東京は悪くなかった。前節は引いて構えてからボールを奪うという感じだったが、この試合では高い位置でプレスを掛けて奪えるようになっていた。もちろん相手の選手のレベルや攻撃戦術によって対処も変わるのだろうけど、ここはいい方向に進んでいると思いたい。そして奪ったボールで決定機を3回ほど作ったものの、東京はゴールは決めきれず。これが結果に紐付いてしまった。一番残念だったのは前半40分くらいの大森のシュート。(東京から見て)右サイドにぽっかり空いたスペースに走り込んでミドルを打ったものの、思いっきり宇宙開発になってしまった。あれ、枠にさえ行ってたらこぼれ球に2トップが詰められたよな...。

続きを読む "我慢その二 (J1第2節 対仙台戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »