« 大興奮の試合 (J1第10節 対広島戦) | トップページ | 水道道路とおでん »

2018年4月29日 (日)

2トップの仕事 (J1第11節 対名古屋戦)

2018042901

名古屋はなにせ風間サッカーだから川崎並みの恐れを抱いてたのだけど、意外に品質の低いパス回しで脅威を感じなかったし、東京は首位広島に勝った前節からの気持ちの反動か、それとも純粋に疲労の蓄積か、まあどちらもあるのだろうけど割と静かな始り方の試合だった。

東京は前節に結構ギャップを突かれていた左サイドに宏介と草民を起用。どちらも攻撃に特長がある選手だが、この日は守備に重点を置いていた。特に宏介はサイドを駆け上がることはほとんど無く、体を張った守備に徹し十分結果を出していたと思う。草民も、今までよくあったのが相手選手に激しく当たられるとすぐにカッと来てやり返してしまい無駄なイエローをもらってしまう場面だけど、この日は冷静に対応していたと思う。やはり健太のサッカーの大前提は守備をこなせること。そうでないと出番が限られてしまうので選手としては重大な課題だし、結果が出ていることで選手にも意識が浸透しているのだろう。

2018042902

先制のPKになったファウルの場面ははっきり言ってよく分からなかった。私は審判のそぶりからして東京のファウルだと思ったし、どちらの選手も審判に詰め寄ってなかったしね。ディエゴは接触されたら割と大げさにアピールするタイプだけど、あとでテレビで見たら確かにPKでもおかしくなかった。しかしディエゴのPKって、あれ踊りだよなあ。なんか宴会芸として真似したくなる。

この辺から試合は互いにシュートの場面が増え活性化する。セットプレーから同点にされた(あれ、完璧にやられたね)ものの、そのすぐあとに永井が名古屋の裏を取る。いったん相手GKに阻まれたものの、橋本がセカンドを拾い落ち着いたラストパス。これを永井がしっかり決めてまたリードを奪う。永井は去年と比べて決定力上がった? ウィングじゃなくて2トップの一角が彼の得意とするパターンなんだろうな。このあと後半のすぐ頭にもディエゴが3点目を決め、まるで水曜のような展開に。この2人で計13ゴール。なんかすごいなあ。

ところがまたセットプレーで失点した(これも完璧にやられたね)あたりから東京の足が完全に止まる。特に大森は消耗が丸見えだったし、草民も力を使い果たした感じ。ここで東を入れたのは当然だが、さすがに建英に守備を期待するわけにはいかないのでお約束の前田と富樫を投入。交代の2トップは4点目を取りに行くのではなく、試合を締めにいった。フォワードとしては決して楽しい任務ではないだろうが(なにせディエゴと永井が結果を出しまくってるので)、プロとしてしっかり仕事していたのは確か。おかげでなんとか逃げ切ることが出来た。

勝ちパターンがだいぶ形になってきたのは良いことでもあり、一方でワンパターンだと選手が怪我などで離脱したらどうなるというリスクもある。インタビューだと健太は選手層の厚さにまだまだ課題があると述べていて、それは複数の勝ちパターンを作ってもっと強くしたいという思いなのだろう。疲れが溜まって臨むアウェイ2連戦、特に多摩川クラシコをどう切り抜けるか、健太の手法が楽しみだ。

2018042903


最後にちょっと批判。試合後の永井のインタビュー時に大ブーイングしてた名古屋ゴール裏、あれは相当失礼な態度だ。降格決定後に永井に対して半年分のオファーしか出さなかったのは名古屋のフロントで、それじゃ移籍するの当然だろう。以前名古屋ゴール裏は試合前のキッズ・チアリーディングをチャントで邪魔をしたこともある。彼らは自分たちのことしか考えない体質なのだろうか。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 大興奮の試合 (J1第10節 対広島戦) | トップページ | 水道道路とおでん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/66665110

この記事へのトラックバック一覧です: 2トップの仕事 (J1第11節 対名古屋戦):

« 大興奮の試合 (J1第10節 対広島戦) | トップページ | 水道道路とおでん »