« 多摩川クラシコ勝利 (J1第13節 対川崎戦) | トップページ | 梶山フル出場 (ルヴァン杯 対仙台戦) »

2018年5月13日 (日)

大雨の中の激戦 (J1第14節 対札幌戦)

20180513

スコアは0-0だったが、試合としてはとてもおもしろい試合だった。互いに球際に激しく行き、ボールを奪えば東京は縦に、札幌はサイドを崩そうと試みる。しかも息つく暇のない相当なスピードで! 試合後にはもっと緩急つけていれば相手の意表を突くことができたかもと思ったが、ずっと緊張感が高くて、それはそれで見応えがあって良い試合だったと思う。

札幌はミシャが広島や浦和を率いてた頃のフォーメーションに通じるものがあり、ボールを持てば4バック気味になりサイドで数的優位を作りに来る。そのせいで前半の2列目、特に東は守備優先になり攻撃に絡めるまで時間がかかった。東のチャントが最初に流れたのが後半だいぶ経ってからというのが象徴だ。


東京はボールを奪うと早めに2トップに渡そうとしたが、ディエゴと永井が利用できるスペースが余りなく、いい形でシュートを打つことが出来なかった(ディエゴ、枠外しまくったし)。この辺は研究されてきてますかね。とは言ってもキックオフ直後に相手ゴール前に押し込んだ場面や前半8分頃の宏介のクロス、前半ロスタイムのフリーキック、後半にも室屋が抜け出した場面やカウンターアタックで相手DFと3対3になった場面にコーナーからのヘディングなど決定機は多数あっただけに決めきって欲しかったな......。まあこういう日もあるということで。見ててずっと興奮できたのは観戦者としての収穫だ。でも永井のあれは本当にオフサイドかい......ブツブツ。

チームの課題と思ったのが交代選手。後半10分過ぎからは中盤にスペースが出来てきて、ここから健太はどう動くのだろうと期待してのだが、なかなか選手交代を行わなかった。先発は悪い出来ではなかったので絶対代えなきゃいけない状態ではなかったけど、控えに試合の流れを変えられるスーパーサブがいなかったというのも理由かもしれない。今だと建英が一番の有力候補だが、最近壁に直面している感じがするし。

最後は林のビッグセーブで失点を防ぎ勝ち点1を分け合う結果に。過去ミシャの率いるチームに勝ったのは、リーグ戦では2013年の国立での浦和戦だけで、何かの因縁か相性なのかね。あと札幌のゴール裏って意外に人が多かったし、声も大きいね。昔々駒場でJ2の浦和対札幌戦を見たときのことをちょっと思い出した。今日も東京在住の北海道関係者がたくさん来てたんだろうね。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 多摩川クラシコ勝利 (J1第13節 対川崎戦) | トップページ | 梶山フル出場 (ルヴァン杯 対仙台戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/66717280

この記事へのトラックバック一覧です: 大雨の中の激戦 (J1第14節 対札幌戦):

« 多摩川クラシコ勝利 (J1第13節 対川崎戦) | トップページ | 梶山フル出場 (ルヴァン杯 対仙台戦) »