« 大雨の中の激戦 (J1第14節 対札幌戦) | トップページ | イニエスタ »

2018年5月17日 (木)

梶山フル出場 (ルヴァン杯 対仙台戦)

2018051701

東京にとっては消化試合のこの試合、直前のリーグ戦からは先発を全員入替えたので無理もないと言えばその通りだが、チームとしての内容は乏しかった。CKはゼロ。ゴールが狙えるようなFKもゼロだったのがその証拠だと思う。もちろん選手個人としては、富樫の守備のように必死でやっているのは分かるんだけどね。本当に優勝争いをするには、選手層はまだ薄すぎる。

この試合では相手陣内でのパスミスがとても目立った。ミスと言っても出し手の精度が問題なのではなく、出し手と受け手とでイメージ共有が出来てなかったところだ。たとえば建英が何度も試みたワンタッチパスや梶山の縦パス自体は悪いアイディアではなかったが、受ける側はそれを予想して(期待して)引き出すような動きはしていなかった。受ける側も出し手に対して「こっちへ出せよ!」というアピールはせず、出されたパスを見てから一所懸命対応しているようだった。

FWの足元の技術も相当改善しないといけないね。足元でボールがぶれちゃって、ポストプレーやキープがまったくうまくいかなかった。あと守備面も含め、選手の距離感がアンバランスに見えたなあ。仙台だって大幅に先発を入れ替えていたのだが、選手の距離感の良さ、イメージの共有は東京よりはるかに上だったと思う。この辺は昨年来、私が仙台を高評価しているポイントだ。

今日の唯一の収穫は、キャプテンマークを着けた梶山が全90分プレーして、それをしっかり見られたこと。フル出場はたぶん1年ぶりくらいだと思う。フォーメーションでいくと4-1-3-2の1のところで、彼の本業のポジション。よくやらかすボールロストや不用意なパスミスはほぼなく、安定した出来だったと思う。今やチーム最古参の選手で4番目か5番目のボランチではあるが、活躍できる可能性はまだまだあると思うよ。

2018051702

2018051703


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 大雨の中の激戦 (J1第14節 対札幌戦) | トップページ | イニエスタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/66727900

この記事へのトラックバック一覧です: 梶山フル出場 (ルヴァン杯 対仙台戦):

« 大雨の中の激戦 (J1第14節 対札幌戦) | トップページ | イニエスタ »