« 2018ワールドカップ予想 | トップページ | アルゼンチン崖っぷち »

2018年6月20日 (水)

サッカーってやっぱすごいな (日本対コロンビア)

試合後の西野監督のインタビューで「選手がタフに戦ってくれた」と、待望の「タフ」を口にしてくれたのには笑ってしまったが、それはさておき、選手のインタビューが印象的だった。「コロンビアはしっかりブロックを作ってカウンター攻撃を構えていて、それは脅威だった」という趣旨の発言を長友と、もうひとりは柴崎だっけ大迫だっけ、とにかく複数の選手がそう言っていた。でも少なくとも前半は、一人少ないはずのコロンビアがボールを支配していたようだった。そう、コロンビアの方がパススピードが速くて日本が振り回されているように見えたのだ。

ちなみに色々な細かいデータはここにある。前半のボール支配率は日本51%、コロンビア49%とほぼ同じになっている。

ところが試合全体での支配率は日本が59%、コロンビアが41%。だとすると後半の日本はなんと67%。コロンビアは33%に過ぎない。確かに後半の日本の試合の進め方は明らかに変わっていて、ミスやセットプレーでの失点さえなければ勝ち点1は順当に確保できる内容に見えていた。ハーフタイムに監督やコーチは選手に何を伝えたのだろう。そして選手同士で何を話し合ったのだろうか。大会後でいいから、その辺を明らかにして欲しいな。

しかし開始3分で相手選手が一発レッド、PKで日本先制なんてそんなこと誰も予測できないよ。やっぱサッカーってすごいスポーツだな。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 2018ワールドカップ予想 | トップページ | アルゼンチン崖っぷち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/66850896

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーってやっぱすごいな (日本対コロンビア):

« 2018ワールドカップ予想 | トップページ | アルゼンチン崖っぷち »