« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月17日 (金)

アレサ・フランクリン逝去

動くアレサ・フランクリンを初めて見たのは映画「ブルース・ブラザース」。


大学の入学手続きを終え、東京でのひとり暮らしが確定した1981年3月のある日。その日はいったん実家に帰る予定だったが、そのための鉄道発車は数時間後。時間つぶしをする必要があった。そこで思いついたのは歌舞伎町での映画鑑賞。多くの映画館とバッティングセンター、そしてコマ劇がどんと建っている風景のなかで選んだのが「ブルース・ブラザース」。このとき作品の中身や出演者は分かってなかったし、そもそも時間つぶしだったのに、観て得たインパクトは強烈で、いまでは自分の中で生涯最高の映画という位置づけになっている。合計で何回見たかな? 映画館で10回は見てるね。

その作品中でJBのゴスペルと同じく最も感動的だったのがこの場面。ここから映画は急にミュージカル化していくという、ある意味シナリオは適当な構成だったな(笑)。

(ちなみに旦那役のマット・マーフィーも最近亡くなられています。)

♪Freedom, freedom, freedom, freedom  と両腕掲げてシャウトするアレサが最高にかっこいい!! そして自由と平和は一番大事!!! (後年オリジナル版の"Think"を聴いたら、もっと濃い音だったので相当びびりました。)

このあと耳にした80年代のアレサは賛否両論、というか音楽雑誌の批評では否の方が多かった感じだったけど、自分には違和感はなかった。その理由の一つは、自分が全盛期のアトランティック時代をリアルタイムで聴いていなかったためだと思う。でも、新しい音楽スタイルにチャレンジしながら、同時に他ミュージシャンの名曲を積極的にカバーして自分の曲にしてしまうというアレサの姿勢が一貫していたこともその理由だと思う。


The Queen of Soul のアレサさん。何十年も華麗な音楽を届けてくれて本当に感謝しています。いまは安らかにお休みください。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月16日 (木)

8月15日 (J1第22節 対柏戦)

20180816

見ていて腹の立つ試合だった。

チャンスは20回近くあったと思うが1点も奪えず試合終了。特に後半なんか、時間の80%位は相手陣内でプレーしていたように見えたが......。これが柏の固い守備を崩せなかったとかGKビッグセーブに阻まれたというならしょうがないが、全然そうではなくて東京のミスが山盛りになった試合。枠にいったシュートあったっけ? またパスミス、連携ミス、DF同士のお見合い、意味のないロングボールなど、今季現場で見た試合では最悪のチームプレイだった感じで、応援する気持ちがどんどん下がっていってしまった。一方で個人での仕掛けもあまり見られず、「ここに建英がいたら打開できただろうな...」と思いながら見ていた。

(今日になって建英の期限付移籍が正式発表された。出場機会を望む本人の希望は理解できるが、クラブは育成(=現年齢では短所を埋めるのではなくて長所を伸ばすべき)に失敗していることを認識すべき。建英のコメントにそれが表現されている。)

話を戻す。この敗戦は個人だと、ディエゴよりも橋本が欠場しているのが一番響いていたと思う。ヨネはアンカーで構えるタイプではないので、代わりに髙萩が最終ライン近くでプレーしていたが、そのせいでFWとの距離が空いて効果的な崩しのパスが見られなかった。東の位置も低すぎて去年後半の悪状況によく似ていた。

前節ガンバ戦は見ていないが、エルゴラの記事では「10回あった決定機を外しまくった」と書かれていた。柏戦も同じなので、下位に沈むチームに連敗したことは決して偶然ではないだろう。次節は曲者の札幌が相手。修正する時間はないが「ここだけは最優先して直した」というのが実感できる試合にして欲しい。


......と文句を好きなように書けるのは、平和であることの証だ。そう思って眠りについた8月15日でした。





↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

ムサコ

今夜のタモリ倶楽部のテーマは「ムサコ」。番組ホームページから引用すると以下の通り。

今夜、長年の論争が遂に決着!?武蔵小金井VS武蔵小山…真のムサコ決定戦…武蔵小山と武蔵小金井、略せばどちらも「ムサコ」。関東にムサコは2ついらない?今夜徹底議論!!


先週この予告を見て思ったのは「ムサコって言葉、自分もどこかで使った記憶あるけど小金井、小山、どちらの感じもしないなあ。どこだっけ...........」ということ。



これ、昨日やっと結論出たわ。

「ムサコって武蔵小杉のことじゃん!! たまに等々力いくからそのとき使ってるわ」でした。

えーと、川崎の人はテレ朝に抗議すべき??(笑)




↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

また仕上げた (J1第20節 対神戸戦)

2018080601

この試合、チケット完売だったものの、その多くは転売屋が買い占めてたり、あるいはイニエスタ欠場のため多くの一見さんは来るのをやめるだろうと予想していた。「動員は3万ちょいだろうな...」と想像しつつ、念のためいつもよりちょっと早めに味スタに向かったのだが、飛田給で電車を降りた頃からその予想が大外れだったのが見えてきた。

私はバック上層自由席のソシオなのだが、その入場ゲート(=スタジアム内の座席への入り口)の担当者はとっても大変そうだった。彼女はいつもいつも「ホーム自由席はxxx番からxxx番入り口にお回りください」と口にしている状況。そりゃあ一見さんからはバック上層自由席とホーム自由席、ホームセンター自由席の区別はつかないよなあ。自由席の名称をもっと単純にA席、B席、C席として、ゲート脇に席種を書いた大きい紙を貼っていれば担当者の工数は少しは減ると思う。コンサートの席はこういう名称なんだから、客の抵抗はないと思うけどね。

続きを読む "また仕上げた (J1第20節 対神戸戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »