« 熱く弾け (ジョー・ペリー東京公演) 【セットリスト追記】 | トップページ | "Parade / Cafe & Bar" でもラーメン。そして幻の柿の木坂 »

2018年9月30日 (日)

またも勝てず (J1第28節 対清水戦)


清水戦の行われた9月29日から、飛田給駅の列車接近メロディが変わりました。下りが東京ブギウギで、上りがユルネバ。どちらも土屋礼央氏制作の音源です。

普通の鉄道だと発車メロディに凝るんだけど、列車が来る前の接近メロディに力を入れてるのが京王電鉄のユニークさ。ちなみに仙川駅はキューピー3分クッキングのあれで、なかなかいい感じ。お寄りの際は聴いてみてね!

2018093001

2018093002

試合前に行われたのは、FC東京のレジェンドが大集合したOB戦。参加メンバー発表時の記者会見で原さんが「点が取れないと今の東京のように...そんなことを言ったら怒られちゃうな」とジョークを飛ばしていたが、試合はなんと0-0で終了。清水に負けてからふり返ると、OB戦前半にギャグのつもりで飛ばされてたはずの「シュート打て」コールが、マジでシャレにならない伏線になっちゃった......。

2018093003

この試合では清水の守備の寄せが激しく、東京は最後までそれを打破することが出来なかった。前半のシュートは2本くらいだったし。後半もサイドからのクロスでいくつかチャンスは作ったが、中との連係レベルやシュート精度は良くなかった。

1失点目はドウグラスの意表を突くダイレクト・シュートを褒めるべきだし、2失点目の時はすでに前掛かりになってたので、守備が後手に回ってPKを招いたのは仕方がないと思っている。とにかく東京の攻撃が迷走している。

シーズン序盤は相手の背後をカウンターで突いてディエゴと永井が点を取る場面が多く、それで結果を残せていた。とはいえカウンターだけでは常に優勝を争うチームにはなれない。ディエゴがいない時間帯にゴールを奪えないという課題もあった。だからシーズン中盤から、パス回しで相手を崩す意図も見られるようになってきた。もちろんその意図は分かる。パス回しはチーム全員で行うものなので、完成したら個人に依存しなくてすむようになる。

だがそのパス回しが向上していない。その中でもこの日一番腹立たしかったのは、縦パス品質の低さ。とにかく緩すぎる。そのため途中でカットされたり、あるいは前線に届いたとしても、時間がかかっているからすでにFWが相手DFに取り囲まれていて簡単に潰されてしまっている。

あとチーム運営としては、若手の成長が全然見えてない。建英の期限付き移籍が象徴しているが、柳、山田、平岡、内田、ジャキット、ヴェローゾ、平川、矢島......などなどトップチームでは誰も活用できていない。これは相当心配である。


これで公式戦9試合勝利なし。ここまで結果が出ないとなると、中身より結果だ。選手の下向きな気持ちを変えることを優先して欲しい。次の相手は名古屋。きっとポゼッションでは相手が上回るだろうから、東京はカウンターに徹してよいと思う。とにかく勝ち点3を取って欲しい。

2018093004

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 熱く弾け (ジョー・ペリー東京公演) 【セットリスト追記】 | トップページ | "Parade / Cafe & Bar" でもラーメン。そして幻の柿の木坂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/67224938

この記事へのトラックバック一覧です: またも勝てず (J1第28節 対清水戦):

« 熱く弾け (ジョー・ペリー東京公演) 【セットリスト追記】 | トップページ | "Parade / Cafe & Bar" でもラーメン。そして幻の柿の木坂 »