« J1順位予想 | トップページ | よく守った (J1第4節 対名古屋戦) »

2019年3月10日 (日)

味スタで、7ヶ月ぶりの眠らない街(字余り)(J1第3節 対鳥栖戦)

2019031001

全14の売店で各店ごと先着100名、計1400名に配られたポテトチップスミンチ天味。自分が並んだ店だと、私の直前のお客が最後だった....。またかよ。


最初の約10分は東京が一方的に押し込む展開。こりゃ先制点間近だなと思ったのだが、永井が負傷退場してからは流れが変わった。鳥栖はトーレスにボールを合わせてから攻めるシンプルな戦略だったが、そのトーレスのポストプレー能力は相変わらずさすがで、ボール支配は鳥栖が上回るようになり、東京の攻撃シーンは影を潜めてしまった。東京ボールの最初のCKが45分だったのがそれを物語っている。とはいえ、鳥栖も最後の崩し方はまだまだで東京がしっかり対応。30分過ぎのセットプレーは危なかったが、0-0で前半終了。

後半も最初は余り変わらず。「どこかで誰か指摘してたけど、確かに田川は富樫っぽいなあ...」と思いつつ見てたら、15分頃に状況が急変。鳥栖の秀人が立て続けにイエローをもらい退場になってしまう。ここからは東京が試合の流れを取り戻し、再び押し込むようになる。しかしチャンスは何回も作るも、決めきれない場面が続きもう40分過ぎ。席を立つ客が目に映るようになった。

正直言って「またゴール無しで終了かよ...」と思ってたら、小川のクロスを相手DFがクリアし損ないオウンゴールで先制! 7ヶ月ぶりの味スタでのゴールと東京ブギウギ!! さごにおまけで、鳥栖の選手が負傷でピッチを離れ相手が9人になったときに建英が左サイドを突破し、最後は落ち着いてクロスを流し込んでジャエルのゴールをアシスト。勝利を決定づけた。次は11人の相手に勝ってくれよ。


全体の感想としては、攻撃の組み立てがまだまだなのが気になった。ボールを持つとスピードがガクッと落ちたし、SBがボールを持ったときのサイドの崩し方も、空いたスペースを活用出来ずワンパターンだった。ディエゴや建英はそのスペースに指差してるんだけど、パスが出てこないんだよ。試合前のビデオに「もっと速く、もっと上手く、もっと激しく」と表現されてたけど、私は「もっと視野を広く」と言いたいね。

一方で2連勝、しかもホーム初戦で勝ったことは選手の気持ちを高揚させるだろう。すると健太が立てる次節名古屋戦の対策も浸透しやすいのではないかとも思う。その意味では楽しみな次節だ。

2019031002

2019031003

2019031004

2019031005

2019031006


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« J1順位予想 | トップページ | よく守った (J1第4節 対名古屋戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 味スタで、7ヶ月ぶりの眠らない街(字余り)(J1第3節 対鳥栖戦):

« J1順位予想 | トップページ | よく守った (J1第4節 対名古屋戦) »