« 味スタで、7ヶ月ぶりの眠らない街(字余り)(J1第3節 対鳥栖戦) | トップページ | ジャンピング・シャー (J1第6節 対清水戦) »

2019年3月18日 (月)

よく守った (J1第4節 対名古屋戦)

今年から選手紹介時のビデオが一新され、ここでも他クラブと共に取り上げられてたけれど、実は音も変わっているようだ。厳密に言うと、耳に届く音質が変わっているのだ。

スポンサーXFLAGによってリミックス/リマスターされたのか、あるいはラグビーワールドカップ向けの工事で音響設備が更改されたのか、本当の理由は分からない。少なくとも、設置されているスピーカーの向きが変えられているのは明らか。結果としてベースの音がちゃんと聞こえるようになり、曲に合わせて拍手しやすくなったのだ。これ、地味だけどいい効果を呼ぶと思うね。

さて試合だが、前半に関しては意外に東京のチャンスが多かった。もちろんピンチもあったけれど、やはり名古屋は守備も攻撃も前掛かりで来るため、サイドや裏にそれなりのスペースがある。その辺を活かす攻撃は出来ていたと思う。少なくとも前節よりはボールを得たあとの速度は上がっていたと思う。ただし枠に行くシュートは少なかったので、最後の精度は高める余地がまだまだある。

後半も東京は同様なプランを継続。東のパスで永井が抜け出して決めた先制ゴールは、まさに狙い通りだったと言える。しかしここからは、当然ながら名古屋が明らかに攻撃にシフト。スーパーサブ相馬の投入は脅威だったが、この対応のため割と早く建英を大森に代えたことで、健太がカウンター狙いよりも守りに比重をかけてきたのが伝わってきた。

そしてここから先の東京の守備はホント見応えがあった。自陣ペナルティエリア付近に押し込まれる時間が長くなったものの、うっかりミスや不要なファウルが全然無く、集中心がまったく切れない。ジョーとの競り合いも、直接勝つことはあまりなかったけれど、もともとそれを前提としていたのだろう、擦らされたりこぼれた球にちゃんと寄せて処理し続けていた。その結果、完全に崩されたと言える場面はあったっけ? なかったよな。

結局1-0で逃げ切り、首位へ浮上。例の永井の「気まずいっすね」には笑っちゃったよ。引かれた相手にどうできるかはまだ分からないが、チームの方もベースはちゃんと確立出来たようだ。

2019031701

2019031702_2

2019031703

2019031704


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 味スタで、7ヶ月ぶりの眠らない街(字余り)(J1第3節 対鳥栖戦) | トップページ | ジャンピング・シャー (J1第6節 対清水戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よく守った (J1第4節 対名古屋戦):

« 味スタで、7ヶ月ぶりの眠らない街(字余り)(J1第3節 対鳥栖戦) | トップページ | ジャンピング・シャー (J1第6節 対清水戦) »