« ジャンピング・シャー (J1第6節 対清水戦) | トップページ | よっしゃー!! (J1第7節 対鹿島戦) »

2019年4月 9日 (火)

クイーン重箱の隅アルバムガイド寄り道「グレイテスト・カラオケ・ヒッツ」

4月17日は「クイーンの日」なのだそうだ。初来日時の羽田到着日が由来とのこと。もちろん1975年4月に初来日したのは知ってたけど、その日付までは認識してなかったね。それはともかく、その来週4月17日にクイーンの商品がたくさん発売される予定だ。中でも一番注目を集めているのは映画「ボヘミアン・ラプソディ」のビデオディスクだが、ここで私が触れるのは、15年ぶりに再発されるCD「グレイテスト・カラオケ・ヒッツ」。

20190410
(東芝EMI TOCP-65061/65062)

私が持っているのは1998年に発売のCDで、その収録曲は以下の通り。

disc 1:
1. Bohemian Rhapsody
2. You're My Best Friend
3. Somebody To Love
4. Tie Your Mother Down
5. We Are The Champions
6. We Will Rock You
7. Spread Your Wings
8. Bicycle Race
9. Fat Bottomed Girls
10. Don't Stop Me Now
11. Crazy Little Thing Called Love
12. Save Me
13. Play The Game
14. Another One Bites The Dust
15. Flash
16. Keep Yourself Alive

disc 2:
1. A Kind Of Magic
2. Under Pressure
3. Radio Ga Ga
4. I Want It All
5. I Want To Break Free
6. It's A Hard Life
7. Breakthru
8. Who Wants To Live Forever?
9. The Miracle
10. I'm Going Slightly Mad
11. The Invisible Man
12. Hammer To Fall
13. Friends Will Be Friends
14. The Show Must Go On
15. One Vision

「え、1998年のを再発だったら21年ぶりでは?」と思ったあなた。実はこのCD、2004年にCCCD盤として再発されているのだ(東芝EMI TOCP-67422/67423)。その時ディスク2の最後に"I Was Born To Love You"が追加されていて、今回発売のCDはそれと同じ構成だ。私は当然のことながら、CCCD盤を買う気は起きなかった。ブライアン自身が公に大反対してたしね。

ディスク1は『グレイテスト・ヒッツ』の曲が中心ではあるが、内容と順番はかなり違っている。何より"Killer Queen"が抜けているのがかなり残念だった。一方で、デビューシングルだけど全然ヒットしなかったので、『グレイテスト・ヒッツ』に収められてなかった"Keep Yourself Alive"が入っているのはとても嬉しい内容。ディスク2の方は『グレイテスト・ヒッツ vol. 2』とほぼ同じ選曲、順番だ。除かれているのは"Headlong"と"Innuendo"。

このCD、タイトル通りカラオケとして使って楽しむのは当然OKだが、楽曲として聴くのも結構楽しいのだ。フレディのピアノ、ブライアンのギター、ジョンのベース、ロジャーのドラムの音が抜かりなく聞こえてきて、初めて耳にするような音も体感できる。

この記事によると過去盤は4700枚しか売れなかったそうで、すごく意外な内容だった。中古盤は高値止まりしてたそうだし、今回の再発でそれが下がる効果もあるだろう。あと「本物のクイーンの演奏からフレディのリード・ボーカルだけを抜いた」と書いてるけど、重箱の隅的には、それは違う。"Bohemian Rhapsody"や"Fat Bottomed Grils"のようなイントロなしの曲には、曲前にカウントダウンの音が追加されているのだ。ほとんど曲ではただのノック音なのだけど、"A Kind Of Magic"だけは曲に合わせてフィンガースナップを付け加えてて粋な計らいだ。さらに先に書いた"Keep Yourself Alive"だが、これは完全なリミックス。音の定位がオリジナルと全然違うのだ。例えばギターの音は左右反対!! あと細かく言うと、どの曲もアウトロは短めです。もっともっと細かく言うと、"Spread Your Wings"のフレディのヴォーカル "Fly with me"は残っているよ。

私の持っている1998年盤は、CD付属のブックレットの表記だと制作されたのは1996年。なので現行の2011年リマスター盤と比べると、音の広がりがずいぶんと狭い。今回の盤は2004年リマスターと書いているので、少しは音が改善されているといいね。え、今回買うかって? "I Was Born To Love You"のカラオケ版は聞いたことないからね......。

 

 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

|

« ジャンピング・シャー (J1第6節 対清水戦) | トップページ | よっしゃー!! (J1第7節 対鹿島戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャンピング・シャー (J1第6節 対清水戦) | トップページ | よっしゃー!! (J1第7節 対鹿島戦) »