« よく守った (J1第4節 対名古屋戦) | トップページ | クイーン重箱の隅アルバムガイド寄り道「グレイテスト・カラオケ・ヒッツ」 »

2019年4月 7日 (日)

ジャンピング・シャー (J1第6節 対清水戦)

2019040701
試合前半は清水のハイプレスに手を焼きまくっていた東京。林がボールを持っても、相手の2トップがコースを切ってくるため、前線へのスムーズな供給ができないし、髙萩や東まで届いたとしても、彼らの縦パスはしょっちゅうカットされていた。

清水はボールを奪うと2-4-4みたいな感じで攻めてくる。両サイドバックがかなり高い位置を取っているのでその裏をつけるはず。実際何回かは裏を取ったのだが、前線のイメージ共有がイマイチなのか最終段階でパスがずれることが目立ち、ちゃんと打てたのは建英の右足シュートと森重のFKくらい。そうこうしてるうちに後半頭に先制点を奪われて、いやーな感じになった。

ここで健太は2枚替えの手を打つ。髙萩と永井を下げ、ナ・サンホとジャエルを投入。そして東を髙萩のいたポジションに下げた。これがうまいこと機能し、東京のボール支配率が向上する。特にナ・サンホのドリブルに迫力があり相手を引きつけることができ、その分ディエゴ、ジャエル、建英のためのスペースが作られてきたように見えた。ここからの攻撃は見てて楽しかったよ。

特に面白かったのはナ・サンホ。彼を生で見たのは初めてだったが、ドリブルスピードと同点ゴール時のセンスはなかなかのもの。あと試合後のジャンピング・シャーはすごく可愛かったね。

もっとも、東京が攻撃優先になったことで1回だけ超危ないピンチがあったけど、相手のシュートミスに助けられたのは幸運としか言いようがなかった。そういえば前半のチョン・テセのシュートもポストに助けられたわけで、全体的に運が良かったのかね。でも一方、建英の出来は悪くなかったけど、シュートに関しては運がなかった......。

ディエゴのゴールで逆転した後は前節のせいもあり、1点差を守り切れるのかという点に注目した。前節と違って今節は東京がボールをキープできたので、特に問題なし。ハイプレスし過ぎなのか、清水の反撃もそんなに怖くなかったな。これでリーグ戦ホーム3連勝、首位広島と同勝ち点の2位。去年前半みたいな順位だけど、前線の層の厚さは去年と明らかに違う。これで守備が得意な若手中盤選手が伸びてきたら、ひょっとするかもよ。

2019040702
(試合終了間際。林は建英に何を伝えてたのだろう。)

2019040703

2019040704

 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

 

|

« よく守った (J1第4節 対名古屋戦) | トップページ | クイーン重箱の隅アルバムガイド寄り道「グレイテスト・カラオケ・ヒッツ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よく守った (J1第4節 対名古屋戦) | トップページ | クイーン重箱の隅アルバムガイド寄り道「グレイテスト・カラオケ・ヒッツ」 »