« ヴィッセル神戸リージョ監督退任 | トップページ | グランパス君も参加のストーンズ展 "Exhibitionism" »

2019年4月29日 (月)

完勝 (J1第9節 対松本戦)

2019042901

コイントスの結果、いつもとは逆の陣地でキックオフ。これは松本側の選択のためだが、いったいどういう意味だったのだろう。風は強くなかったし、後半のGKへの日差しを考えるとかえって不利になるのではと思ったのだが...。まあともかく、そのせいでゴール裏は最初っからルパンを歌い出した。あ、これはこの日が「東京ガスライフバルDay」だったからかな?

この日の松本はウノゼロ狙い。プレスの位置をそんなに高くせずブロックを作っていたし、マイボールでのスローイン時もたっぷり時間を使ってきた。前田というスピードスターに、セットプレー時の武器である宮阪と飯田がいるわけで、それは当然。ボールを持たされる東京がどう対応するかが見所だったのだが、いい意味で東京はマイペースだった。

相手のプレスが低い分、モリゲや髙萩のパスは上手く通ってたし、小川や宏介のポジショニングも一貫して高いところをキープすることができた。加えて建英のアクセントは光っていたし、リーグ戦初先発の渡辺の動きもよかった。そして何より一番よかったのは選手の気持ちが落ち着いていて、かつ共用できていたこと。前半に松本を押し込む時間は長かったが崩し切れてはいなかったので、それで苛ついたり一瞬気がゆるむというのは発生しうることなのだが、それが見えなかったはとても立派なプレー振りだ。そして先制点の場面で、カウンター返しで渡辺がボール奪う → 髙萩が倒れながらもボールキープ → ボールを受けた建英が絶妙なスルーパス → 永井は落ち着いてゴールに流し込む...あそこはまさにマイペースの美しい結果だったと思う。

こうなると試合はこっちのもの。後半松本は攻撃に比重をかけて、特に(松本の)右サイドで隼磨を中心に仕掛けてきたが、守備の堅さは今年の東京の一番の長所。すっかり安心して見ていられたね。これで首位継続、天狗継続!!

 

2019042902
しかしディエゴのPKはいつ見ても面白いなあ...これ我が家での芸として使ってるんですよ(笑)。


2019042903
2019042904
2019042905
2019042906
2019042907

 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

 

|

« ヴィッセル神戸リージョ監督退任 | トップページ | グランパス君も参加のストーンズ展 "Exhibitionism" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴィッセル神戸リージョ監督退任 | トップページ | グランパス君も参加のストーンズ展 "Exhibitionism" »