« 2019東京国際ユースU-14サッカー大会 | トップページ | 天狗天狗! (J1第12節 対札幌戦) »

2019年5月12日 (日)

FCティーキョー (J1第11節 対磐田戦)

2019051201

いやあ、試合を通してのベストプレーヤーは誰かと考えると、私はカミンスキーだと思うくらい相手GKが凄かったのだけど......でも東京が勝ちきった!!

室屋が先発復帰したものの、髙萩がイエロー累積で出場停止。それに加えてなぜか小川、ジャエル、田川がベンチ外。怪我なのか? ヒョンスも怪我が直りきっていないのかベンチ外。守備控えはともかく、実績のある控えアタッカーはサンホだけというのが試合前の不安要素だった。

試合は東京が主導権を握り続ける展開となったものの、最後のところで崩しきれず。特に建英の鋭いスルーパスにはスタンドが何度もどよめいたものの、いいシュートまでは繋げられない場面が目立った。ああいうパスは小野伸二じゃなくて中田英寿みたいだったけど、この日の建英の出来はいまいちな感じではあった。でも最後に彼はその想いをぶっ飛ばしたのだけどね。あと、ボランチで出場した東が攻守に相当頑張っていたのは認めるが、縦パスはいつもより少なくて、物足りなかった点もある。サイドチェンジするロングフィードも東京は少なかった。

磐田はボールを持つと4-4-2っぽくフォーメーションを変えて、サイド中心に攻めてきた。特に後半はパス回しの質が上がり、ゴールを奪われてもおかしくなかったと思う。名波がリスク承知で俊輔と嘉人をいっぺんに投入してたら、どうなってただろう。

試合は0-0のままで進み、「3戦連続スコアレス・ドローかあ...」という気持ちになってきた時間帯。CKから絶好のヘッダーを放つも、またもカミンスキーに阻まれ得点ならず。ただし続けて得られたCKの流れから、こぼれ球をダイレクトボレーで先制! 最初は誰が決めたか分からなかったのだが、席の周りの歓声で建英のゴールと分かると軽くうれし涙が出たね。今季ここまでのリーグ戦では何度も枠に当てまくってて、下手したら(東京のリーグ戦で)ノー・ゴールのまま欧州行っちゃうんじゃないかとまで思っていたのでねえ。

相手は東京対策を取ってきてるだろうし、そうすると圧勝する試合はなかなか生まれなくなるのも事実。しかし今日のようにゴールをもぎ取って勝ち点3を積めるというのは、本当に優勝を狙えるチームに成長したということだ。とにかくシーズン前半のうちに貯金を貯めまくっていこう。

2019051202

2019051203
嘉人、モリゲと何話してたんだろう

2019051204

2019051205


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 2019東京国際ユースU-14サッカー大会 | トップページ | 天狗天狗! (J1第12節 対札幌戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019東京国際ユースU-14サッカー大会 | トップページ | 天狗天狗! (J1第12節 対札幌戦) »