« FCティーキョー (J1第11節 対磐田戦) | トップページ | 建英東京ラストマッチ? (J1第14節 対大分戦) »

2019年5月20日 (月)

天狗天狗! (J1第12節 対札幌戦)

2019051901
試合序盤は、予想とは逆に札幌がボールを支配する展開。かつ、守備も相当硬い。GKのポジションに象徴されるように、かなり高い最終ラインをキープして中盤のスペースを消してくる。建英には3人がかりでマークに来るし...。それでも東京はその高いラインの裏を突いて2回決定機を作るが、いずれも永井が決めきれず前半は0-0。「永井よお...、これどっちかは決めるべきだろ」とちょっと愚痴ったものの、同時に、この試合自体は見てて面白いなあと思った。

ミシャはかなりレベルの高いチームを作ってきたなと感心していたし、選手個人だとチャナティップのプレーは見ていてとても面白かった。彼はパスミス無かったし、プレスかけられても一度もボールを失わなかったんじゃないの? 一方で東京の守備も相変わらず上質で、相手の攻撃に崩されることは無かった。しのぎきったというのではなく、十分余裕を持って守っていたという感じ。

なのでハーフタイム中に思ったのは絶対ミスるなよ、ということ。両チームともレベルが高くて、ミスが見逃されるはずがないということだ。で、ミスを見逃さずに結果に繋げたのは......東京!!

後半途中から永井を下げてナ・サンホを投入。サンホは右サイドに入り建英がFWにポジションを上げる。するとその直後、札幌はエリア内で仕掛けた建英をいったんは防いだが、そのあとのつなぎとクリアでミスを連発。東京はそれを見逃さず、高い位置にいた小川がシュートを決めた! ディエゴのプレスが相手ミスを誘発したことも褒めるべきだが、小川があそこに居るとは...これには驚いたよ。

こうなると札幌もさらに攻撃に比重をかけてきた。チャナティップのシュートも凄かったが、スペースが生まれてきたのも事実。東京はそこを見逃さず、建英が余裕を見せたシュートを決め2-0に。これでまた勝ったと、バック上層席の私は余裕を持って見られるようになったね。だって守備は完璧だものな。選手の気持ちは全然別でしょうけど。

まああえて突っ込むなら、アディショナルタイムのサンホのあの場面ね。あれきっとサンホが「矢島にJ1初ゴールをプレゼントしよう!」と優しさを見せたプレーだと思うんだけどね、少し連係精度を欠いちゃったな(笑)。

これで未だリーグ戦負け知らずで、しかも2-4位チームが引き分けたので勝ち点差は6に。おかげで天狗の日々がまだまだ続くのだ!!

2019051902

2019051903

2019051904

2019051905

2019051906

 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

 

|

« FCティーキョー (J1第11節 対磐田戦) | トップページ | 建英東京ラストマッチ? (J1第14節 対大分戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FCティーキョー (J1第11節 対磐田戦) | トップページ | 建英東京ラストマッチ? (J1第14節 対大分戦) »