« 今季ホームで初の敗戦 (J1第15節 対神戸戦) | トップページ | ストライカー永井 (J1第18節 対ガンバ戦) »

2019年6月30日 (日)

しゅいっとおっきょっ! (J1第17節 対マリノス戦)

2019063001

去年もリーグ戦第17節はマリノスとの味スタでの試合。その時は東京が5点を先制するという、いい意味でとんでもない試合だったが、今年も最終的には近い結果になった。

ただし去年は楽勝の感じだったが、今年の試合の中身はずいぶんと変わった。マリノスのフォーメーションは2-5-3みたい。両サイドバックが中に絞っていて中盤の人数が多く、細かいパスをつないでくる。一方で両ウィングは外に思い切り張っていて、守備側のラインを拡げる効果があった。東京が自ゴール近くでボールを取り返しても、マリノスがハイプレスで奪い返す場面も多発。その戦術精度は相当向上していた。

東京は手を焼いていて、特に序盤15分は一方的に支配される場面が連発。前半7分の自陣右サイドから鋭いクロスを入れられた場面は、守備が完全に後手に回り相手のシュートミスに救われた。先制点を奪われた場面でも、ボールが外に出ると思い込んだ小川のミスが悪い結果を招いてしまった。

この時点ではいやな雰囲気だったのだが、それを見事に変えたのがナ・サンホ。シュートを打った瞬間は前に相手が多くいたので決まる確率は低く見えたが、相手GKのミスを誘い同点へ。やはり、まずはシュートを打つことが一番大事。すぐに追いついたのでスタンドも気持ちを切替えることができ、あれは本当に重要かつ素晴らしい影響を与えた場面だった。

ここからは東京がファストブレイクの本領を発揮。髙萩がうまいことボールを供給して永井とディエゴのゴールに繋げていった。スタンドでは、ディエゴが決めた場面の盛り上がりが特に最高で、チームと観客が本当に一体化した感じ。ああいうのを体験できるのが現場観戦の特権だねえ。

2019063002

これで首位でシーズン折り返し点を通過。2失点の場面は守備を崩されていたのは事実だし、相手のシュートミスやオフサイドに救われた場面も3回くらいはあったわけで、反省点は確かにある。攻撃スタイルも、これから夏に向かって辛くなっていくのは確かだろう。首位キープするにはどんどん課題をクリアしていかないと。首位ってこんなに大変なんだ...。

2019063003
2019063004
2019063005
2019063006

 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

 

|

« 今季ホームで初の敗戦 (J1第15節 対神戸戦) | トップページ | ストライカー永井 (J1第18節 対ガンバ戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今季ホームで初の敗戦 (J1第15節 対神戸戦) | トップページ | ストライカー永井 (J1第18節 対ガンバ戦) »