« 天狗天狗! (J1第12節 対札幌戦) | トップページ | 今季ホームで初の敗戦 (J1第15節 対神戸戦) »

2019年6月 2日 (日)

建英東京ラストマッチ? (J1第14節 対大分戦)

2019060201

この日のNHK「Jリーグタイム」の中では何度も「東京が完勝」と報じてたが、そこまで言うほど内容に差は無かったと思う。

試合の頭に東京も大分も超決定機を迎えるが、共にGKのナイスセーブでゴールを奪えず。ここからしばらくは東京が支配する展開となるが、一方で大分もオナイウを中心に質の良いサイド攻撃を見せてきた。共に攻撃的な進め方で、またも見てて面白い試合になったな。うん。

後半に試合の流れを変えた原因は、他ならぬ東京自身。東京は前半に2点を奪い、後半も頭から決定機を何度も作る。ここで3点目を取っていれば試合は終わっていたのだが......。ディエゴも永井も髙萩も凄く頑張っているのはよく分かるが、決めるべきチャンスが複数回あったのも事実だし、決めてれば大分の戦意喪失にもつながったと思う。

このあと大分が2枚替えで臨み、あっさり1点を返す。サッカーで1点差と言ったら、崩されなくても偶然追いつかれることもよくある話。最後の30分あまりはその危機感を持って見ていた。ボールを支配するのは大分だったし、ディエゴも東も足がつるし、交代で出たアタッカー選手も流れを変えることは出来ていなかったし。個人的にはね、この日ベンチ外だった三平が出場してたら、結果はどう転んだか分からないなあと考えてる。

そんな中で褒めるべきはやっぱり東京の守備の出来。4バック+2ボランチが相手FW藤本にチャンスすら与えなかったのは素晴らしいパフォーマンスだったし、建英の2ゴールだってどっちも相手へのプレスの強さが結果を呼び寄せたと言える。この辺は健太の理想が完璧に現実化したということだろうな。


2019060202

今節川崎がドローに終わったので、2位との差はまた6に広がった。こんな独走もどきって過去にあったっけ? (2011年は別よ...) とはいえコパアメリカのために建英は少なくとも向こう3節は出場できないし、そのまま海外移籍もあり得るだろうし、FW陣は得点から離れてるし、リーグ戦フル出場を続けていた東の疲労も気になるし、ジャエルの怪我も心配だし...とアウェイ8連戦前にもハードルはいっぱい立ちはだかってる。そう、勝てば勝つほどハードルも高くなるのだ。しかも、今ずっと初体験の日々な訳だ。ファンとしてのこちら側も含めてね。どうすれば良いのか、頭を使っていこう!


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 天狗天狗! (J1第12節 対札幌戦) | トップページ | 今季ホームで初の敗戦 (J1第15節 対神戸戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天狗天狗! (J1第12節 対札幌戦) | トップページ | 今季ホームで初の敗戦 (J1第15節 対神戸戦) »