« 建英東京ラストマッチ? (J1第14節 対大分戦) | トップページ | しゅいっとおっきょっ! (J1第17節 対マリノス戦) »

2019年6月16日 (日)

今季ホームで初の敗戦 (J1第15節 対神戸戦)

大宮や秩父宮を借りたルヴァン杯含めて、今季ホームでの公式戦初の敗戦。課題がはっきりと現れた試合だった。

ハーフタイムを迎えてまず思ったことは、「これだけチャンスを逃してるようだと、勝てないだろうなあ」。

前半だけで少なくとも7回は決定機があったが、そのうち相手の好守備に阻まれたのは、矢島のシュートがGKにはじかれた時だけ。それ以外は個人の足元や選手間の連携の精度の低さが目立つ場面だった。特に、35分頃にカウンターアタックで相手DFと3対1になった場面。あれは視野の狭さがちょっとねえ......(後半、もっと腹の立つ場面あったけどな。矢島、もっと落ち着いて打ってくれよ...)。

次に思ったのは「相手のペースに合わせすぎなんじゃないか」ということ。

東京は前半チャンスも多かったがピンチも多かった。つまり、神戸から見てもピンチもチャンスも多かったということで、全体的に打ち合いみたいな試合展開だった。これって神戸の監督が想定していた試合展開だと思う。

またまた監督が代わった神戸は、フォーメーションを4バックに変更。イニエスタをセンターハーフとしてフリー度を高め、両サイドバックも相当高い位置取りで、まるで2-4-4みたいなポジショニング。その分東京が裏を取ることが多かったが、神戸は「2点取られても3点取ることできるさ」という感じで、攻撃重視は変えてこなかった。もし東京が最初の10分くらいの流れを落ち着いて見て、わざと相手にボールを持たせるようなドン引き&ロングカウンターに戦術を変えていたら、相手は打つ手がなく、もっと隙が出来るんじゃないか。そんな風にハーフタイム中に思っていた。

後半の展開は残念ながら予想通り。戦術は両チームとも変わらず、最終局面での精度の差が結果を招いてしまった。

今節は上位チームがどこも勝たなかったので、順位への影響は小さかった。そこは幸運と考えたい。ここから毎週水曜の試合を含む7連戦で、練習時間はあまり取れないだろうが、その中でどの課題を優先させるのか。健太の腕に期待したい。

2019061601
ラグビーワールドカップ向けに芝張替え。ずいぶん長いことメンテしてたねえ。

2019061602

2019061603

 

これもワールドカップ向け改修だね。工事はほぼ完了か。 

 

 ↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 建英東京ラストマッチ? (J1第14節 対大分戦) | トップページ | しゅいっとおっきょっ! (J1第17節 対マリノス戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 建英東京ラストマッチ? (J1第14節 対大分戦) | トップページ | しゅいっとおっきょっ! (J1第17節 対マリノス戦) »