« ストライカー永井 (J1第18節 対ガンバ戦) | トップページ | タマ復帰!! »

2019年7月15日 (月)

負けたときこそ、ユルネヴァを歌おう (J1第19節 対川崎戦)

2019071501

You'll never walk alone. の言葉の意味を考えてみてくれ......。

今回の試合では攻撃、守備、個人技すべての点で川崎が精度の違いを見せつけた。特に凄かったのが川崎の守備。

東京からすると、川崎にボールを持たれて押し込まれる時間が長くなるのは想定通りだっただろう。たとえ攻め込まれても中央を固めた硬い守備でボールを取り返し、モリゲや髙萩のロングパスで2トップ+サンホを活かすという狙いだったと思う。ところがこの日は、東京が自陣でボールを取り返しても川崎がすぐに複数でプレスに来てボールを奪い返す、パスをブロックする、コースを切ってパスを出させない、プレッシャー掛けてキックミスを誘うという場面が何度も現れた。そして、フィジカルの点でも川崎の方が上に見えたのだ。

こうなると東京は打つ手がなく、前線にボールが運べない。あとCKでも決定機にまで行けず、たぶん後半はシュート0本だったんじゃないか。それぐらい内容に格差があった。負けて当然の試合で、ブーイングなんてまったくの考慮外。

ただし、ここで落ち込むわけには行かない。例えばジャエルが本調子に戻れれば溜を作れるだろうし、外部からテクニシャン補強という手段もあり得るだろう。ただし一番重要なのは、今の東京なりの精度、強度を上げていくことだろう。名古屋やマリノスには通用したのだから、シーズン途中にはそれが最優先だと思う。

2019071502

2019071503

2019071504

2019071505

 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

 

|

« ストライカー永井 (J1第18節 対ガンバ戦) | トップページ | タマ復帰!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ストライカー永井 (J1第18節 対ガンバ戦) | トップページ | タマ復帰!! »