« タマ復帰!! | トップページ | お疲れ様な試合 (J1第22節 対仙台戦) »

2019年8月 4日 (日)

いなご入り炎のカリーパン? (J1第21節 対セレッソ戦)

2019080401

え、あの伝説の?と思ったけれど、よく見たら「あなご」だった。...でもさらによく見たらイナゴ入りあるじゃん!!! (左下)

2019080402
買ったのは穴子入り。モンテディオの試合じゃないのにこの試合用の包装紙まで作っていただいて、感謝いたします。ごちそうさまでした。

カリーパン買ったあとで飛騨牛串焼き買って、そのまたあとで喜作に行ったらこの通り。

2019080403

いやさすがにこれは並べまへんわ......。東京蝗恐るべし。

 

さて試合の方だが、前半と後半とでは全然異なる印象だった。

前半は明らかに苦戦。セレッソにポゼッションを許し再三ピンチを迎える。東京がボールを取り返してもそのあとのパスが緩く、あっさりと失う場面が何度も。ボールをキープできても、セレッソ陣内にスペースはなく流れからのシュートに持って行けない。一番の印象は、全体的に東京の選手の動きが遅かったこと。猛暑の中での体力温存を意識しているように見えた。それはそれで間違ってはいないのだが、その悪影響で自らのパスも緩くなってしまったのではないか。

ところが後半になると選手の動きがガラッと変わった。動きの初速が明らかに上がっている。その結果、後半早々に先制点を奪うことができ、試合の流れもガラッと変えることができた。しかし今年の永井はヘディングゴールが多いな。背が高くない代わりに位置取りとジャンプのタイミング、これがいい。

ここから先はいつもの完璧な東京。タマのFKからのゴールは、直接入ったように見えたけど得点者はモリゲ。事実上、今季リーグ戦初のセットプレーからのゴールで、試合前の課題を見事にクリア。そして本格復帰のジャエルが素晴らしいパス出しを何度も見せてくれて、ディエゴのダメ押しゴールをアシスト。ほぼ満足で試合終了を迎えることができた。

「ほぼ」なのは、小川が遅刻じゃなくて負傷でメンバー外だったこと、大森、オ・ジェソク、東が足を痛めていたように見えたことなどの体調の面がちょっと気になったため。ユ・インスも負傷しているしね。負傷なくても猛暑と、8月下旬からのアウェイ連戦というハードルが待っている。別の見方だと内田、岡崎、田川ら若手に長時間プレーのチャンスが必ず来ると思うので、そこを生かせるかどうか。総力戦の意味が高まってくるだろう。

2019080404
2019080405
2019080406

 

 ↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« タマ復帰!! | トップページ | お疲れ様な試合 (J1第22節 対仙台戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タマ復帰!! | トップページ | お疲れ様な試合 (J1第22節 対仙台戦) »