« リモート応援ツール | トップページ | ディエゴ歩いてた!! (J1最終節 対神戸戦) »

2020年12月13日 (日)

U-23で相手トップチームに勝った! (J1第31節 対広島戦)

リーグ再開後、初めて行った味スタ。先発メンバーはエルゴラの予想とまったく異なる面々。
2020121301

表題に書いたように先発メンバー中、年齢がU-23なのは8人。もちろんJ3だったU-23チームとは違い波多野や内田、帆高などトップチームに定着してる選手もたくさん含まれてるが、控えには宮崎、平川、そしてU-18の大森を備えるなどレギュラークラスによるバックアップはまったくなかった。ACLに勝ち残っていれば今節は当然こうなると予測はしていたが、前日のエルゴラ予想スタメンは「担当記者はちゃんと取材してるのだろうから、こうなるんだな」という認識だったので、実際の試合メンバー見たときはかなり驚いた。

そしてこの試合メンバーを把握した段階で、「このメンバーでJ1を見られるのは貴重な試合で嬉しいけれど、中身はきつそう。受けに回るまくる試合だろうな」と覚悟してた。やはり序盤はその予想通りの試合展開で、通常メンバーで先発を組んだ広島が一方的にボールを支配し、東京は自陣にずーっと押し込まれていた。「こりゃ失点してもしょうがないな」と見ていたが、そこは波多野の頑張りと、幸運(広島からすると不運)な場面に助けられてた。特に枠に当たった青山のシュートと、37分のヘディングシュートは失点してもおかしくなかったね。
2020121302

東京側からすると、前にアダイウトンだけを残して4-5-1でブロックを組み続け、攻撃はロングカウンター狙う予定だったと思う。実際にカウンターで相手ゴールに近寄った場面は時々あったものの、そこからのパスが合わないことが頻繁に発生し、なかなかシュートまで至らなかった。そもそもロングカウンター向けのロングパス自体がほとんど無かったし、やっぱりふだんのレギュラーじゃないから具体的な意図共有が出来てないんだろうなあ...と思いながら見ていた。

しかし30分を過ぎたあたりから、相手攻撃へ慣れと味方通しでの連係共有ができてきたんだろうな、相手ゴールに近づく回数が増えてきた。そのまま前半を乗り切り、前半終了時にはスタンドからは大きな拍手が湧いていた。決定機は無かったものの前半0-0は十分な結果、観客も健太もそういう認識だっただろう。

後半も同じ流れで試合が始まったが、その流れをよりいい方に変えられたのは東京の選手交代だった。後半13分に紺野を投入すると、このタイミング以降ハーフライン前後の左サイドで相手からボールを奪う場面が連発。奪ったあと紺野のドリブル、アダイウトンのスピードを活かして相手ゴールに迫ることが増え、ついに20分に先制点奪取!! 相手をぐっと押し込んでた状態でエリア内に突っ込んできた帆高が、試合の中心として頑張ってたタマからのパスを受け、ボールをゴール天井に見事に突き刺した。いやあ、これは記憶に残る場面になるなあ。
2020121303
2020121304

そこから先は、足つらしたり傷める選手が連発したものの、極端なファウルもせずに最後まで守り続けた。広島の攻撃スタイルがサイド攻撃ばっかりだったのも、ある意味助かりだったね。ゴールを奪われずに、ウノゼロで3試合振りの勝利獲得。いやあ、とても嬉しい試合結果だった。
2020121305


しかしこの試合だけの内容の感想なんだけど、城福さんの来季監督継続危ないかな...。

 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村 

|

« リモート応援ツール | トップページ | ディエゴ歩いてた!! (J1最終節 対神戸戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リモート応援ツール | トップページ | ディエゴ歩いてた!! (J1最終節 対神戸戦) »