« 12年ぶりの東京ダービー (天皇杯3回戦 対ヴェルディ戦) | トップページ | 東慶悟、久々のゴール (J1第23節 京都戦) »

2023年7月17日 (月)

完敗 (J1第21節 対鹿島戦)

20230717_01

モリゲが先発できて、アダイウトンが久々にベンチ入りということで、そこは嬉しかったね。あと、慶悟が前節リーグ戦と同じくトップ下先発で、これも興味が高まった。「慶悟、イエローもらわないようにね」も思ってたけどね(笑)。

そして前半9分にあっさり先制点取得。スウォヴィクのロングパスで相手の空きスペースを上手く突いて、松木のパスからディエゴが見事にゴール。これについて松木オフサイドはあり得なくはないとは思ってたけど、VARの結果オフサイドなしでゴール認証。やったねぇ。

ただここからは試合を鹿島に支配されちゃった。鹿島のスタイルは昔からハイプレス、ショートカウンターなので、東京の攻撃対策としてはロングカウンターでいいんだけど、選手同士の連携レベルは鹿島の方が明らかに上なので、東京はチャンスをあまり作れなかった。アダイウトン導入してからも状態変えられなかったねえ。

あと左サイドで俵積田がボール持つ場面がいくつかあったけど、相手鹿島は2~3人かけて守備してきて、突破するのは難しかった。相手が2~3人寄ってきた時に細かくパス回しすると空きスペースを突くことが出来るんだけど、東京はまだそこまで出来てないからね。

結果的にあっさり3点取られちゃって完敗。後半45分頃に熊田が受けたファウルは絶対レッドと思い、その通り判定が出て「せめて1点取れ!!」と期待してたけど、フリーキック決めきれなかったね...。今後はモリゲにも蹴らせてみれば。

試合後、ベルギーへの移籍が決まった安部柊斗のセレモニー。この種のイベントはヨッチの時以来かな。小川の時にあったのかもしれないけど、個人的には記憶してないです。

安部のしゃべり、面白かったね。「この2チームでJリーグを引張っていきましょう」
20230717_02

 

 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 12年ぶりの東京ダービー (天皇杯3回戦 対ヴェルディ戦) | トップページ | 東慶悟、久々のゴール (J1第23節 京都戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12年ぶりの東京ダービー (天皇杯3回戦 対ヴェルディ戦) | トップページ | 東慶悟、久々のゴール (J1第23節 京都戦) »