« 完敗 (J1第21節 対鹿島戦) | トップページ | 残念な結果 (J1第25節 対神戸戦) »

2023年8月13日 (日)

東慶悟、久々のゴール (J1第23節 京都戦)

20230813_01

この試合は完勝だったね。

相手へのプレスのレベルは東京の方が高かったし、前半の飲水タイムまでいくつもチャンスを作れてた。松木もディエゴも渡邊も決めきれなかったけどね。一方でちょっと気になったのは俵積田。彼は実績残せてないし、この日もいまいちだった。

俵積田はドリブル得意なんだけど、味方へのパスのレベルが低い感じ。彼には相手が二人や三人でプレス掛けてくるので、そこで良いパスを出せれば、空き枠を上手く使えて味方も本人も超決定機を作れるはず。彼はプロ1年目だから、パスの技術成長していくことを期待します。

あとこの試合、生で見られたのがこの夏に移籍してきた右SBの白井。SBは怪我人の関係で層が薄くなっちゃったので、このエリアの取得は当然だね。彼が飲水タイム後の36分、先制ゴールに貢献した。あと、GKの野澤。ルヴァンカップや天皇杯ではレギュラーだったし、前節セレッソ戦も先発だったけど、リーグ戦として生で見られたのが初めて。彼、プレーの問題はなかったし、スウォヴィクより身長高いしな。U23代表も目指してね。

後半頭にはちょっとピンチあったけど、失点無し。そして13分にCKの流れから、2点目取得。ゴーラーは東慶悟。彼は1点目のアシストでもあった。監督が変わってから、彼がトップ下でプレーすることが中心になってきて、そこはやっぱり得意なポジションだろうな。アンカーだとイエロー多かったもんなあ。

この後は相手が押してくるわけだから、当然ロングカウンターのチャンスが増加。しかし東と交代したジャジャが決めきれなかったねえ。前節も超決定機あったけど決めきれなかったので、「彼は運が悪いのかなあ」と思っちゃった(笑)。

そして試合最後は3バックというか、5バックにしてしっかり守備しリーグ戦連勝。この試合での仲川復帰もありがとうでした。

20230813_04
試合終了後に東へのインタビューが公開されてて、その場所がピッチのすぐ横だったのは珍しかったな。インタビュアーが「4年5ヶ月ぶりのリーグ戦ゴール」としゃべったときは、バックスタンドの観客は「だははー」てな感じで大笑いしてたよ。東自身も笑ってたねwwww

20230813_02

20230813_03

 

 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 完敗 (J1第21節 対鹿島戦) | トップページ | 残念な結果 (J1第25節 対神戸戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 完敗 (J1第21節 対鹿島戦) | トップページ | 残念な結果 (J1第25節 対神戸戦) »