2017年12月 7日 (木)

「クリスマス・クリスマス」チープ・トリック

20171207

Christmas Christmas / Cheap Trick (Big Machine Records BMRCT0275A)

tracks:
 

  1. Merry Christmas Darlings
  2. I Wish It Could Be Christmas Every Day
  3. I Wish It Was Christmas Today
  4. Merry Xmas Everybody
  5. Please Come Home For Christmas
  6. Remember Christmas
  7. Run Rudolph Run
  8. Father Christmas
  9. Silent Night
  10. Merry Christmas (I Don't Want To Fight Tonight)
  11. Our Father Of Life
  12. Christmas Christmas

このアルバムはおすすめです。

バニー・カルロスと他の3人との間の対立のため、2009年を最後に新譜リリースが途切れていたチープ・トリック。2015年に法的和解が成立するとBig Machine Recordsと契約を結び2016年4月に"Bang, Zoom, Crazy... Hello"を、今年6月に"We're All Alright"と立て続けに新譜を発表。そのペースの早さにずいぶんと驚いたものだが、さらにそのリリースからたったの4ヶ月後に初のクリスマス・アルバムを発表! ブランクの間に相当多くのネタを溜め込んでいたのだなあ。

収録曲のうちオリジナルは1. 11. 12. の3曲。ただし11. と12. は同じ曲のアレンジ違い。カバー曲はキンクス、スレイド、ウィザード、ラモーンズ、ニルソンといった70年代の楽曲が中心で、オリジナルを含めて彼ららしい明るいロックンロールで統一されている。1. のスパークリング・ワインが注がれる音はとてもリアルだし、3. のイントロには大笑い出来る。これはホントにパーティ向けのアルバムだ。音はね。

レイ・デイヴィス作の8. の詞ってシリアスだねえ。クリスマスソングって奥深いよ...という風に輸入盤でもちゃんと歌詞がついています。....ってあれ!?  このアルバム日本盤出てないの?




↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

「食うために働く」ヒューイ・ルイス&ザ・ニューズ東京公演

2017112301

ヒューイ・ルイス&ザ・ニューズって母国アメリカでは「アーティスト」としての評価は低いそうだ。確かに全盛期でもポップ/ロックの最先端を走ってたわけではないし、他のミュージシャンへ大きな影響を与えたかというと、そんなことはない。でも「パフォーマー」としては最高の人たちだと思う。そして相変わらず、ギグは楽しい!!

続きを読む "「食うために働く」ヒューイ・ルイス&ザ・ニューズ東京公演"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

Free Fallin'

トム・ペティが死去、マネージャーが声明を発表 (amass)

トム・ペティが亡くなる。一度誤報の後、マネージャーが正式に発表 (Rockin' On)

自分にとっての一番のトム・ペティ体験は、映画「ザ・エージェント」のある場面だ。主人公であるスポーツ選手代理人業のジェリー・マグワイア(トム・クルーズ)が、勤めるマネジメント会社に提案を出す。「会社の利益ばっかりじゃなくて、もっと顧客(選手)に寄り添って業務を遂行すべきだ」と。ところが会社はその提案を理由にして速攻でジェリーを首にする。首を言い渡されたジェリーはその帰り道、車を運転しながらラジオから流れるトム・ペティの「フリー・フォーリン」に合わせて大声で歌うのだ。

And I'm free!
Free fallin'

俺は自由だ!
自由に落ちていくんだ!!


歌うジェリーの顔がポジティヴにもやけくそにも見えるあの場面、主人公の気持ちがとても良く表現されている好きな場面だ。「フリー・フォーリン」を含むトム・ペティの最初のソロ・アルバム「フル・ムーン・フィーヴァー」が自分の愛聴盤の一つにのし上がったのも、この場面の影響だ。

「フリー・フォーリン」はトム・ペティの代名詞的な作品でもあり、とても多数のカヴァーがある。それ以外に隠れカヴァーと言えるのが(嫁に教えてもらったのですが)、スティーヴン・タイラーの「レッド、ホワイト・アンド・ユー」だ。"Tom Petty on the radio" "A free fallin' into your yum yum"が歌詞に含まれているのだ。この曲もアメリカの暮らしを題材にした曲で、更にトム・ペティの名曲への敬意も含まれていると言っていいだろう。

独特のだみ声で素敵な音楽を届けてくれたトム・ペティ。どうもありがとう。一度でいいからライヴ見たかったな。RIP.


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

「世界に捧ぐ」40周年記念エディション

Notw_40th

(公式サイトから拝借)

Press Release: News Of The World - 40th Anniversary Edition (Queen Online)

クイーン『News Of The World(世界に捧ぐ)』 3CD+LP+DVDの発売40周年記念エディションが日本発売決定 (amass)


EMI時代の2005年には「オペラ座の夜」30周年特別版が発売されたことがあるが、そのときはCD+DVDビデオというシンプルな構成。未発表テイクや大判写真集は一切付属してなかった。それに比べると今回はずいぶんと豪華な内容です。その理由はこの10年あまりの間に物理メディアの立場が変わったことが大きいのだろうが、アルバムの位置づけにもあると思う。

「伝説のチャンピオン」のアメリカでの順位は、ビルボードだと最高4位だけど、レコード・ワールド(ラジオ&レコードだったかも)だと1位だったんだよね。それくらい大ヒットした。アルバムもビルボードで最高3位。どちらも「ボヘミアン・ラプソディ」「オペラ座の夜」を上回る順位(当時)で、クイーンがアメリカ市場、ひいては世界市場制覇を達成したアルバムと言えるだろう。あれから40年、「伝説のチャンピオン」と「ウィー・ウィル・ロック・ユー」はあらゆるスポーツイベントで流れる曲となり、クイーンは知らなくてもこの曲は知ってるという人がたくさんいるはずだ。つまり、このアルバムが、「大衆的バンド」としての地位を確立したという重要さが、今回の記念エディション発売の背景にあるのだろう。

というわけで発売前ではあるが、この記事でも書いたように、「世界に捧ぐ」は私が一番好きなアルバムです。この記念エディションのCDについて書きたいことを書きまくってみようと思う。

続きを読む "「世界に捧ぐ」40周年記念エディション"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

LPレコード売ってみた

先月、初めてLPレコードを売ってみた。

最近のアナログ復活ブームの影響で買値も上がってるのではと見ていたが、やはりその通りだった。今回売ったのは80年代に買った輸入盤LPで、大半は初回盤。もちろん当時は普通に新譜として買っていたわけで、初回プレスだの米国盤か英国盤かということには全然こだわってなかった。今回査定してもらって、「え、このダリル・ホールのソロ、ドイツ盤だったのか」と初めて知ったのもあるくらいで。

査定額は盤に傷がなく、ジャケットや内袋に汚れや破れがなければ300円くらいだった。輸入CDだと大物ミュージシャンでも100円から200円程度がざらなので、思ったより高かったと言える。あと、2枚組3枚組LPだとしても枚数自体は査定額にほとんど影響しないということも分かったよ。

続きを読む "LPレコード売ってみた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

伊予 (スティング東京公演2日目)

20170608

セットリストは一番下に書いたけど、見ただけでは1曲目と2曲目には約50分の間があることは分からないよね。

コンサートの前の日にチケットをじーっと見つめていたいたら、そこにはWITH SPECIAL GUESTS JOE SUMNER AND THE LAST BANDOLEROSの文字が。「ああ、前座があるんだな。そういえばポリスの2008年来日公演でも息子が前座してたし」と気がついたのだが、どうも認識してなかった観客が多数だったみたいだ。定刻ぴったりに場内は暗転し、スティングが新作から'Heading South On The Great North Road'を歌ったあとは、前座の演奏になった。

オープナーはスティングの息子、ジョー・サムナー。エド・シーランを思わせるギター1本(ただしエレキ)のパフォーマンス。高音域の声が父親に本当にそっくりで、客席からは驚きの声が沸いていた。あと、彼は日本語の発音が実に自然。セカンド・アクトのラスト・バンドレロスは、何というかビートルズというかチューリップというかチープ・トリックというか......2曲目はまるで「甘い罠」だった(笑)。

続きを読む "伊予 (スティング東京公演2日目)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

sorry

「うちひしがれました。心の奥底から。本当に本当にごめんなさい。ことばが見つかりません」 (NHK)


なんでNHKはこんな訳を掲載したんだろう。まるでアリアナ・グランデがコンサートを開いたことを反省しているみたいじゃないか。何か変な意図を感じる。


「心が張り裂けてしまいました。心の底から、本当に、本当に悔しい気持ちでいっぱいです。言葉もありません」 (ロッキン・オン)

こっちだろ。アーティストというのは、表現の自由を奪うような行為に対してはちゃんと向き合う人たちなのだ。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

「ポrrrrrrrrrrル」・マッカートニー東京公演3日目

20170430

今回のツアーで一番笑えたのは、ポールの日本語ネタ。「ビトロズ」とか「ソロソロ」とか「スペイン語って言いそうになったよ」と言うコメントとか、表題の巻き舌とか。いったい誰に教わったんだよ(笑)。

この日のマッカートニーの喉は、4月27日に比べると少し調子が悪かったとは思うが、気になるほどの影響はなかった。曲は前回に比べて4つ入れ替わり、「セイヴ・アス」と「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」が今年初登場。考えてみると、ソロになってからの全米全英ナンバーワン曲のうち、今回やったのは「バンド・オン・ザ・ラン」だけ。「マイ・ラヴ」も「あの娘におせっかい」も「夢の旅人」も「カミング・アップ」もやってないのに、十分満足できるセットリストって、やっぱ桁外れな人だわ......。

あとおもしろいなと思ったのは、「イン・スパイト・オブ・オール・ザ・デインジャー」と「ラヴ・ミー・ドゥ」という超初期の曲をやったこと。後者は初来日の時に「PS・ラヴ・ミー・ドゥ」というリミックス形式でやったけど、今回は原曲に忠実なアレンジ。定番曲「キャント・バイ・ミー・ラヴ」のベースラインも合わせて歌うと、ポールも結構ブルースの影響受けてるんだなと思ったよ。



あと、おまけの情報。開演前に流れてた曲のうち、「プリーズ・プリーズ・ミー」「ペイパーバック・ライター」などのビートルズのカヴァー曲は下のCDで聴くことが出来ます。これ、なかなかいいCDですよ。ラストのアレサ・フランクリン「レット・イット・ビー」なんて鳥肌ものです。




↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

♪まえだりょ~い~ち♪ (ポール・マッカートニー東京公演2日目)

20170427

土曜にも行くから詳細はそのあとで書きます。でも、セットリストは昨日の武道館公演から7-8曲は入れ替わってて、初めて生で聴いた曲もいくつもあって最高でした!!


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

ドゥービーは最高 (ドゥービー・ブラザーズ東京公演)

今週はコンサートラッシュ! その第一弾はドゥービー・ブラザーズ。

20170426

ドゥービーを最後に見たのは、1990年夏の大阪城ホールでの公演。このときはホール&オーツ、シーラ・Eとのジョイントだったと思うので、単独公演としては1989年の代々木オリンピックプール公演以来。うわ、28年ぶりだ。

ドゥービーの魅力の一つは、コーラスのリフレインとハーモニー。"Jesus Is Just Alright"や"Takin' It To The Streets"のコーラス部分なんて歌えば歌うほど高揚して来るし、"Black Water"のアカペラ部分は、いろんなパートをあちこち飛び移りながらハモるのが最高に楽しい。そう、今日もほぼ全曲歌いまくりましたよ!!

もう一つの魅力は、トム・ジョンストンのリズム・ギターね。トムはソロを弾くときは結構ミスってるんだけど(笑)、あのカッティングはいつ聴いてもツボにはまるわー。

曲でいくと、"Clear As The Driven Snow"を聴けたのが非常に嬉しかった。"Road Angel"もやってほしかったけど、あれはツイン・ドラムじゃないと無理か......。ところでオープニングの"Jesus Is Just Alright"の邦題って「キリストは最高」だったと思うんだけど、いったいいつから「希望の炎」になったんだろう。最初に買ったLP 'Best Of The Doobies'の日本盤でも「希望の炎」って書いてるんだよなあ。

さて、あすはドームだ!!!


[セットリスト]
1. Jesus Is Just Alright
2. Rockin' Down The Highway
3. Take Me In Your Arms
4. Another Park, Another Sunday
5. Clear As The Driven Snow
6. Spirit
7. World Gone Crazy
8. Eyes Of Silver
9. Dark Eyed Cajun Woman
10. Sweet Maxine
11. Piano Solo by Bill Payne
12. Takin' It To The Streets
13. The Doctor
14. Black Water
15. Long Train Runnin'
16. China Grove

encore:
17. Without You
18. Listen To The Music


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧