2017年8月 8日 (火)

LPレコード売ってみた

先月、初めてLPレコードを売ってみた。

最近のアナログ復活ブームの影響で買値も上がってるのではと見ていたが、やはりその通りだった。今回売ったのは80年代に買った輸入盤LPで、大半は初回盤。もちろん当時は普通に新譜として買っていたわけで、初回プレスだの米国盤か英国盤かということには全然こだわってなかった。今回査定してもらって、「え、このダリル・ホールのソロ、ドイツ盤だったのか」と初めて知ったのもあるくらいで。

査定額は盤に傷がなく、ジャケットや内袋に汚れや破れがなければ300円くらいだった。輸入CDだと大物ミュージシャンでも100円から200円程度がざらなので、思ったより高かったと言える。あと、2枚組3枚組LPだとしても枚数自体は査定額にほとんど影響しないということも分かったよ。

続きを読む "LPレコード売ってみた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

伊予 (スティング東京公演2日目)

20170608

セットリストは一番下に書いたけど、見ただけでは1曲目と2曲目には約50分の間があることは分からないよね。

コンサートの前の日にチケットをじーっと見つめていたいたら、そこにはWITH SPECIAL GUESTS JOE SUMNER AND THE LAST BANDOLEROSの文字が。「ああ、前座があるんだな。そういえばポリスの2008年来日公演でも息子が前座してたし」と気がついたのだが、どうも認識してなかった観客が多数だったみたいだ。定刻ぴったりに場内は暗転し、スティングが新作から'Heading South On The Great North Road'を歌ったあとは、前座の演奏になった。

オープナーはスティングの息子、ジョー・サムナー。エド・シーランを思わせるギター1本(ただしエレキ)のパフォーマンス。高音域の声が父親に本当にそっくりで、客席からは驚きの声が沸いていた。あと、彼は日本語の発音が実に自然。セカンド・アクトのラスト・バンドレロスは、何というかビートルズというかチューリップというかチープ・トリックというか......2曲目はまるで「甘い罠」だった(笑)。

続きを読む "伊予 (スティング東京公演2日目)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

sorry

「うちひしがれました。心の奥底から。本当に本当にごめんなさい。ことばが見つかりません」 (NHK)


なんでNHKはこんな訳を掲載したんだろう。まるでアリアナ・グランデがコンサートを開いたことを反省しているみたいじゃないか。何か変な意図を感じる。


「心が張り裂けてしまいました。心の底から、本当に、本当に悔しい気持ちでいっぱいです。言葉もありません」 (ロッキン・オン)

こっちだろ。アーティストというのは、表現の自由を奪うような行為に対してはちゃんと向き合う人たちなのだ。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

「ポrrrrrrrrrrル」・マッカートニー東京公演3日目

20170430

今回のツアーで一番笑えたのは、ポールの日本語ネタ。「ビトロズ」とか「ソロソロ」とか「スペイン語って言いそうになったよ」と言うコメントとか、表題の巻き舌とか。いったい誰に教わったんだよ(笑)。

この日のマッカートニーの喉は、4月27日に比べると少し調子が悪かったとは思うが、気になるほどの影響はなかった。曲は前回に比べて4つ入れ替わり、「セイヴ・アス」と「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」が今年初登場。考えてみると、ソロになってからの全米全英ナンバーワン曲のうち、今回やったのは「バンド・オン・ザ・ラン」だけ。「マイ・ラヴ」も「あの娘におせっかい」も「夢の旅人」も「カミング・アップ」もやってないのに、十分満足できるセットリストって、やっぱ桁外れな人だわ......。

あとおもしろいなと思ったのは、「イン・スパイト・オブ・オール・ザ・デインジャー」と「ラヴ・ミー・ドゥ」という超初期の曲をやったこと。後者は初来日の時に「PS・ラヴ・ミー・ドゥ」というリミックス形式でやったけど、今回は原曲に忠実なアレンジ。定番曲「キャント・バイ・ミー・ラヴ」のベースラインも合わせて歌うと、ポールも結構ブルースの影響受けてるんだなと思ったよ。



あと、おまけの情報。開演前に流れてた曲のうち、「プリーズ・プリーズ・ミー」「ペイパーバック・ライター」などのビートルズのカヴァー曲は下のCDで聴くことが出来ます。これ、なかなかいいCDですよ。ラストのアレサ・フランクリン「レット・イット・ビー」なんて鳥肌ものです。




↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

♪まえだりょ~い~ち♪ (ポール・マッカートニー東京公演2日目)

20170427

土曜にも行くから詳細はそのあとで書きます。でも、セットリストは昨日の武道館公演から7-8曲は入れ替わってて、初めて生で聴いた曲もいくつもあって最高でした!!


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

ドゥービーは最高 (ドゥービー・ブラザーズ東京公演)

今週はコンサートラッシュ! その第一弾はドゥービー・ブラザーズ。

20170426

ドゥービーを最後に見たのは、1990年夏の大阪城ホールでの公演。このときはホール&オーツ、シーラ・Eとのジョイントだったと思うので、単独公演としては1989年の代々木オリンピックプール公演以来。うわ、28年ぶりだ。

ドゥービーの魅力の一つは、コーラスのリフレインとハーモニー。"Jesus Is Just Alright"や"Takin' It To The Streets"のコーラス部分なんて歌えば歌うほど高揚して来るし、"Black Water"のアカペラ部分は、いろんなパートをあちこち飛び移りながらハモるのが最高に楽しい。そう、今日もほぼ全曲歌いまくりましたよ!!

もう一つの魅力は、トム・ジョンストンのリズム・ギターね。トムはソロを弾くときは結構ミスってるんだけど(笑)、あのカッティングはいつ聴いてもツボにはまるわー。

曲でいくと、"Clear As The Driven Snow"を聴けたのが非常に嬉しかった。"Road Angel"もやってほしかったけど、あれはツイン・ドラムじゃないと無理か......。ところでオープニングの"Jesus Is Just Alright"の邦題って「キリストは最高」だったと思うんだけど、いったいいつから「希望の炎」になったんだろう。最初に買ったLP 'Best Of The Doobies'の日本盤でも「希望の炎」って書いてるんだよなあ。

さて、あすはドームだ!!!


[セットリスト]
1. Jesus Is Just Alright
2. Rockin' Down The Highway
3. Take Me In Your Arms
4. Another Park, Another Sunday
5. Clear As The Driven Snow
6. Spirit
7. World Gone Crazy
8. Eyes Of Silver
9. Dark Eyed Cajun Woman
10. Sweet Maxine
11. Piano Solo by Bill Payne
12. Takin' It To The Streets
13. The Doctor
14. Black Water
15. Long Train Runnin'
16. China Grove

encore:
17. Without You
18. Listen To The Music


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

♪銭形が(スティーヴン・タイラー東京公演)

20170411

前日に日テレの「スッキリ!!」に出演したのを録画して見てたので、エアロスミスの楽曲をたくさんやるのは分かっちゃってたし、ビートルズもやるだろうと確信してたのだが、3曲(I'm Down, Oh! Darling, Come Together)もやるなんて!。しかもほぼ完コピでツェッペリンまでやるとは。みんなで"Want a whole lotta love"と合唱するなんて、全然想像出来ませんでした。

一方でジェイムズ・ブラウンやモータウンのカヴァーもやるのではと予想してたのだが、その辺の曲はやらなかった。日テレでのインタヴューや開演前の映像で「ソロ・アルバムはカントリーである」と強調してたので、そのジャンルの曲はあえて外したのだろう。

しかしまあ、ヴォーカリストとしての平さんの力量たるや、69歳なのにほとんど衰えが見えないのには驚愕だ。1988年のエアロスミス2度目の来日以降もう10何回か生で見てるけれど、テクニックの向上はもちろんだが、声量もほぼ変わらないのはいったいどういうフィジカルなんだよ。

あとすごかったのが、バックバンド"The Loving Mary Band"の女性ベーシストの声。あんなに小さな体で、アレサ・フランクリンもぶっ飛ぶような大音量ゴスペル調の声をぶちかますのには恐れ入った。こんなすごいミュージシャンがほぼ無名だなんて、アメリカの音楽業界って奥が深いなあ。

ハイライト曲の「ドリーム・オン」で楽器のチューニングが間違ってたのと、ステージ上のカメラマンがコンサート後半になるにつれ聴衆の視界を遮る場面が増えたのは減点要素だけど、全体としては大変良いコンサートでした。今回の日本ツアー、たった2回のステージだなんて、あまりにもったいないですよ...。あ、ツアーのヴィデオ作品が後日リリースされるんじゃないでしょうかね。そんな気がします。


セットリスト:
1. Sweet Emotion
2. Cryin'
3. I'm Down
4. Oh! Darling
5. Come Together
6. Love Lives
7. Sorry 
(ギターの人が歌いました)
8. Jaded
9. Love Is Your Name
10. I Make My Own Sunshine
11. Piece Of My Heart
12. Livin' On The Edge
13. We're All Somebody From Somewhere
14. What It Takes
15. My Own Worst Enemy
16. Home Tonight
17. Dream On
18. Train Kept A-Rollin'
(アンコール)
19. Janie's Got A Gun
20. Only Heaven
21. Walk This Way
22. Whole Lotta Love



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

DAVID BOWIE is

デヴィッド・ボウイーの回顧展に行ってきました。

20170302

13時40分頃入館して、観覧時間は約2時間半。カフェとグッズ売店を含めると3時間半弱の滞在。平日で、かつ雨だったので空いていたとは思うのですが、それでも入場時間区切りの頭である14時頃は客がどどっと入って来て結構混雑していました。ただ、じっくりと映像を見ながらそれをやり過ごしたあとは、マイペースで巡回できましたね。

そうそう。館内あちこちに映像が展示されてましたが、一つのモニターで複数の映像を回してるとこもあるので、映像が終わったからといってすぐ次の展示に移るともったいないですよ。そこで見た「スペース・オディティ」の1969年版のプロモーション・フィルムは興味津々だったなあ。音もそのフィルム用独自の演奏だったし。それにしても、地上管制官のパートを歌ってた人の歯並びが、某Jリーガーよりもひどい!!(笑) ただし、貸し出されるヘッドフォンは、自分の耳の形には合わなかったな。1時間ちょっとすると痛くなってきたよ。

2時間半の観覧でしたが、詳しく見られなかった展示もそこそこあるので、なんとか時間を作ってもう1回行ってみようと思います。いやあ、それでも十分楽しかったよ。そして最後の方に展示されてた、例の元素周期表。あれには心底感動したわ。細かく見ていくとそのうち涙が溢れてきてなあ......。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

グラミー賞

2017021701_john_legend

グラミー賞常連のジョン・レジェンド。今年も出演して"God Only Knows"のカバーを披露。

彼を目にする度に「この顔、Jリーグで見たことあるなあ...」と思ってたんだけど、やっと解決した。


2017021702_kawahara

河原和寿(愛媛FC)

 


あとブルーノ・マーズも、見ようによっては大久保嘉人に見えるな。今年の司会は、Foot!火曜のベンさんかと思ったし。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月27日 (火)

ジョージ・マイケル死去

ボウイーにプリンスにジョージ・マイケル。ミュージシャンじゃないけど平尾誠二。今年は辛いわ...。


ジョージ・マイケル。ここでも書いたけど、このときのパフォーマンスは忘れられない。


RIP. George.


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧