2019年6月16日 (日)

今季ホームで初の敗戦 (J1第15節 対神戸戦)

大宮や秩父宮を借りたルヴァン杯含めて、今季ホームでの公式戦初の敗戦。課題がはっきりと現れた試合だった。

ハーフタイムを迎えてまず思ったことは、「これだけチャンスを逃してるようだと、勝てないだろうなあ」。

前半だけで少なくとも7回は決定機があったが、そのうち相手の好守備に阻まれたのは、矢島のシュートがGKにはじかれた時だけ。それ以外は個人の足元や選手間の連携の精度の低さが目立つ場面だった。特に、35分頃にカウンターアタックで相手DFと3対1になった場面。あれは視野の狭さがちょっとねえ......(後半、もっと腹の立つ場面あったけどな。矢島、もっと落ち着いて打ってくれよ...)。

続きを読む "今季ホームで初の敗戦 (J1第15節 対神戸戦)"

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

建英東京ラストマッチ? (J1第14節 対大分戦)

2019060201

この日のNHK「Jリーグタイム」の中では何度も「東京が完勝」と報じてたが、そこまで言うほど内容に差は無かったと思う。

試合の頭に東京も大分も超決定機を迎えるが、共にGKのナイスセーブでゴールを奪えず。ここからしばらくは東京が支配する展開となるが、一方で大分もオナイウを中心に質の良いサイド攻撃を見せてきた。共に攻撃的な進め方で、またも見てて面白い試合になったな。うん。

続きを読む "建英東京ラストマッチ? (J1第14節 対大分戦)"

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

天狗天狗! (J1第12節 対札幌戦)

2019051901
試合序盤は、予想とは逆に札幌がボールを支配する展開。かつ、守備も相当硬い。GKのポジションに象徴されるように、かなり高い最終ラインをキープして中盤のスペースを消してくる。建英には3人がかりでマークに来るし...。それでも東京はその高いラインの裏を突いて2回決定機を作るが、いずれも永井が決めきれず前半は0-0。「永井よお...、これどっちかは決めるべきだろ」とちょっと愚痴ったものの、同時に、この試合自体は見てて面白いなあと思った。

続きを読む "天狗天狗! (J1第12節 対札幌戦)"

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

FCティーキョー (J1第11節 対磐田戦)

2019051201

いやあ、試合を通してのベストプレーヤーは誰かと考えると、私はカミンスキーだと思うくらい相手GKが凄かったのだけど......でも東京が勝ちきった!!

室屋が先発復帰したものの、髙萩がイエロー累積で出場停止。それに加えてなぜか小川、ジャエル、田川がベンチ外。怪我なのか? ヒョンスも怪我が直りきっていないのかベンチ外。守備控えはともかく、実績のある控えアタッカーはサンホだけというのが試合前の不安要素だった。

試合は東京が主導権を握り続ける展開となったものの、最後のところで崩しきれず。特に建英の鋭いスルーパスにはスタンドが何度もどよめいたものの、いいシュートまでは繋げられない場面が目立った。ああいうパスは小野伸二じゃなくて中田英寿みたいだったけど、この日の建英の出来はいまいちな感じではあった。でも最後に彼はその想いをぶっ飛ばしたのだけどね。あと、ボランチで出場した東が攻守に相当頑張っていたのは認めるが、縦パスはいつもより少なくて、物足りなかった点もある。サイドチェンジするロングフィードも東京は少なかった。

続きを読む "FCティーキョー (J1第11節 対磐田戦)"

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

2019東京国際ユースU-14サッカー大会

2019050501

自分にとって大型連休の恒例行事となってきた東京国際ユースU-14サッカー大会。今年も駒沢公園に行って参りました。

最初に書きたいのは、FC東京38番選手の怪我の具合が心配な点だ。彼は前半5分頃に相手選手と頭部を強くぶつけ倒れてしまい、転倒後に全身が激しく痙攣するという非常に危ない症状を見せた。その後救急車で搬送されたのだが、大怪我になってないことを祈る。
2019050502

続きを読む "2019東京国際ユースU-14サッカー大会"

| | コメント (0)

2019年4月29日 (月)

完勝 (J1第9節 対松本戦)

2019042901

コイントスの結果、いつもとは逆の陣地でキックオフ。これは松本側の選択のためだが、いったいどういう意味だったのだろう。風は強くなかったし、後半のGKへの日差しを考えるとかえって不利になるのではと思ったのだが...。まあともかく、そのせいでゴール裏は最初っからルパンを歌い出した。あ、これはこの日が「東京ガスライフバルDay」だったからかな?

続きを読む "完勝 (J1第9節 対松本戦)"

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

ヴィッセル神戸リージョ監督退任

ヴィッセル神戸がフアン・マヌエル・リージョ監督との契約解除を発表 後任として吉田孝行氏が監督復帰 (ドメサカブログ)


退任が発表された日に、こんなニュースも出てた。

「契約内容 一方的に変更された」IT企業の取引先が回答 (NHK)

2019041800

リージョ氏が家族と一緒に検討して退任したのも、「一方的変更」が原因じゃないかな。かつて楽天で商売してた人からこの手の話を直接聞いたことあるし、三木谷氏のふだんの発言を耳にするとどうしてもそう思うよ。

 

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

よっしゃー!! (J1第7節 対鹿島戦)

2019041401

天気予報によると、試合中は風速5-6mの南風がずっと吹くことになっていて、結構暖かくなるはずだった。アメダスの実績データは予報通りだし、Jリーグの記録だって気温20度となっている。けれど、現地ではそんな感じは全くなし。ホームゴール裏方向からの強い北風が吹きっぱなしで、スタンドの観客はかなり寒そうだった。これは以前にもあったことで、風向きが逆になるのはスタンドの形状や、ピッチが地面を掘って作られているせいかもしれない。

続きを読む "よっしゃー!! (J1第7節 対鹿島戦)"

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

ジャンピング・シャー (J1第6節 対清水戦)

2019040701
試合前半は清水のハイプレスに手を焼きまくっていた東京。林がボールを持っても、相手の2トップがコースを切ってくるため、前線へのスムーズな供給ができないし、髙萩や東まで届いたとしても、彼らの縦パスはしょっちゅうカットされていた。

清水はボールを奪うと2-4-4みたいな感じで攻めてくる。両サイドバックがかなり高い位置を取っているのでその裏をつけるはず。実際何回かは裏を取ったのだが、前線のイメージ共有がイマイチなのか最終段階でパスがずれることが目立ち、ちゃんと打てたのは建英の右足シュートと森重のFKくらい。そうこうしてるうちに後半頭に先制点を奪われて、いやーな感じになった。

続きを読む "ジャンピング・シャー (J1第6節 対清水戦)"

| | コメント (0)

2019年3月18日 (月)

よく守った (J1第4節 対名古屋戦)

今年から選手紹介時のビデオが一新され、ここでも他クラブと共に取り上げられてたけれど、実は音も変わっているようだ。厳密に言うと、耳に届く音質が変わっているのだ。

スポンサーXFLAGによってリミックス/リマスターされたのか、あるいはラグビーワールドカップ向けの工事で音響設備が更改されたのか、本当の理由は分からない。少なくとも、設置されているスピーカーの向きが変えられているのは明らか。結果としてベースの音がちゃんと聞こえるようになり、曲に合わせて拍手しやすくなったのだ。これ、地味だけどいい効果を呼ぶと思うね。

続きを読む "よく守った (J1第4節 対名古屋戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧